関東甲信、異例の6月中の梅雨明け。ところで日本以外で梅雨のある国って?

関東甲信、異例の6月中の梅雨明け。ところで日本以外で梅雨のある国って?


昨日、関東甲信が異例の早すぎる梅雨明けを迎えました。6月中の梅雨明けは、統計史上最も早いそうです。いよいよ本格的に夏到来、ということで気持ちも浮き立ちますが、日本列島全体ではまだ梅雨が明けていない地域も多くあります。

さらに、世界に目を向けると、日本以外にも梅雨のある国があり、その時期も日本とは異なるよう。そこで今回は、梅雨のちょっとした豆知識として、海外における梅雨について調べてみました。


そもそも梅雨って何?
関東甲信、異例の6月中の梅雨明け。ところで日本以外で梅雨のある国って?


梅雨が日本以外にあるのかと考える前に、改めて梅雨とは何かを振り返ってみましょう。『広辞苑』(岩波書店)には、「つゆ」の項目に梅雨と黴雨という漢字が紹介され、意味は6月(太陰暦では5月)に降る長雨とあります。黴雨とは見慣れない言葉ですが、梅雨は中国語で「メイユ(méi yù)」と発音し、「メイ」は同じ中国語で「黴」の読みでもあります。

元々はカビの生えやすい時期の雨という意味の黴雨が一般的で、その漢字が同じ読みの梅雨に変わったという語源の解説も茂木耕作著『梅雨前線の正体』(東京堂出版)にあります。梅雨という言葉は中国語から来ているとなると、まずは中国にも梅雨はありそうですよね。

気象庁は梅雨という言葉をどのように使っているのでしょうか。気象庁が作成する季節現象の用語集を調べてみると、梅雨の意味は、
<晩春から夏にかけて雨や曇りの日が多く現れる現象、またはその期間>(気象庁のホームページより引用)

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2018年6月30日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。