【EU発!Breaking News】わずか3cm。肥満女性の棺が火葬炉に入らず、大問題に。(仏)

「亡くなってからも差別を受けるなんて…」とショックを隠しきれない家族。ボルドー地方のジロンド県で亡くなった女性が、生前に火葬を希望していたにも関わらず、彼女の棺が大きすぎてその地域の火葬炉に入らないという事態が発生した。これに対し、太っている人への侮辱として家族がメディアに訴え、現在フランスで物議を醸している。

今の時代60代と言えば、まだまだ現役、老後なんて20年先という感覚がある。そんな世代の63歳の若さで、先日、あるフランス人女性が亡くなった。夫と共に夜中の1時半に床に就いた彼女はその15分後に突然この世を去った。お別れの言葉を告げることもできず、本人にとっても家族にとっても、さぞ無念だったに違いない。いつものように愛する人に「おやすみ」と言って、翌朝当たり前のように目覚めるということがどんなに幸せだったか、この家族は身をもって知ったのである。

彼女は生前から、自分にもしもの時があった場合には埋葬ではなくて火葬にしてほしいと家族に話していた。家族はその彼女の望みどおり、受け入れる火葬場を探したのだが、そこで全く想像もしていなかったことが起きた。それは、ボルドー地方の全ての火葬場の火葬炉が、彼女の棺よりも小さかったのである。火葬炉の幅が80センチなのに対して、生前体重が140kgだった彼女の棺の幅は83cmだった。たかが3cm、されど3cm。残された家族のために何とかしようとしても、火葬場の管理者は物理的に不可能と判断した。大きいサイズの棺は問題なく購入できたのに、その棺が入らない火葬炉があることに納得のいかない家族達。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年10月8日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。