【ドラマの女王】男性版『ランチの女王』? 意外な健闘を支えたのはやっぱりあの人。『ハングリー!』。

向井理主演の『ハングリー!』(フジテレビ系)が最終回を迎えた。この1時間前に放送されている『ストロベリーナイト』には視聴率では水をあけられていたが、今クールの連ドラ陣では意外にも上位に食い込む健闘ぶりを見せた結果となった。

脚本は『ランチの女王』、『カバチタレ!』などの大森美香。一言で言うなら『ハングリー!』はまさに男性版『ランチの女王』のようなドラマだ。

ロックバンドでデビューする夢に破れた山手英介(向井)。フランス料理店のシェフをしていた母・華子(片平なぎさ)の急死により、店を麻生時男(稲垣吾郎)に買収され失ってしまう。母親の店を守るためにも、英介は自らフランス料理のシェフになり店を構えることを決意する。

バンドメンバーだった住吉賢太(塚本高史)と藤沢剛(川畑要・CHEMISTRY)らとともに父・太朗(大杉漣)のアトリエを改装し、店をオープン。はじめはなかなか上手くいかなかったが、少しずつ客も増えていく。麻生との料理対決で店の名前を奪われたり、恋人である橘まりあ(国仲涼子)との関係がぎくしゃくするなど、様々な困難に立ち向かいながら、人々を料理で笑顔にすることに喜びを感じるようになっていく。

そんな主人公・英介を演じる向井のぶっきらぼうな演技が雑に見え、毎回違和感を覚えた。口下手で不器用な部分を隠すようにぶっきらぼうになる英介に対し、ただ、語尾を荒げているだけのようにしか思えなかった。ドラマ内の料理は全て向井自身が作っているということだが、今回はもう少しその熱意を英介としての演技に回して欲しかったように思う。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 向井理 ドラマ
  2. 向井理 国仲涼子
  3. 向井理 映画
向井理のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2012年3月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「向井理 + 映画」のおすすめ記事

「向井理 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「向井理 + ドラマ」のおすすめ記事

「向井理 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュース

次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。