浅瀬に現れた大きなウミウシに驚き 鮮やかな色が「アート作品のよう」(豪)<動画あり>

浅瀬に現れた大きなウミウシに驚き 鮮やかな色が「アート作品のよう」(豪)<動画あり>
青い空と赤い“スパニッシュ・ダンサー”のコントラストが美しい(画像は『Adigaz 2021年1月13日付Instagram「The Spanish Dancer」』のスクリーンショット)
       
オーストラリアの海で、ゆらゆらと浮かぶ色鮮やかな生き物の姿が捉えられた。ウミウシの一種であるこの生き物は、フラメンコの踊り子のように見えることから“スパニッシュ・ダンサー”と呼ばれている。その姿には「海にトマトソースを落としたみたい」など驚きの声が続出したようだ。『7NEWS.com.au』などが伝えた。

オーストラリア西オーストラリア州パース北部のコーラル・ベイにて、ウミウシの一種である「ミカドウミウシ(Hexabranchus sanguineus)」の姿が写真に収められた。

浅瀬で発見されたこのミカドウミウシは、透き通る水の中で外套膜と呼ばれるヒダを大きく広げている。その鮮やかな赤色と絞り染めのようなキレイな模様が、青い空とコントラストを織りなし美しいアート作品のようだ。

小さいイメージのウミウシだが、このミカドウミウシは大型種で、大きいもので60センチにまで成長するという。通常は外套膜を内側に巻いているが、泳ぐときや外部から刺激があった時に大きく広げる。

ウミウシはサンゴ礁や海底を這うように移動するため、そのほとんどが泳ぐ能力を持っていないそうだ。しかしミカドウミウシは泳ぐことが多く、体を大きくうねらせて移動する姿が特徴的だ。その色も相まって、スペインの伝統的ダンスであるフラメンコに似ていることから、“スパニッシュ・ダンサー”という異名を持っている。

インド洋、西太平洋、中部太平洋、南太平洋を中心に分布しており、日本でも目撃情報がある。過去には高知県土佐清水市の以布利で漁をしていた際に、たまたま定置網に紛れ込んでいたこともあった。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月24日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。