6日 日本海側は大雪 広く北風強く 今季一の寒さ

6日 日本海側は大雪 広く北風強く 今季一の寒さ

6日(木)は、広く北が吹き、北海道から北陸は大雪に警戒が必要です。最高気温は今季最も低くなる所があるでしょう。北風が身に沁みそうです。

今季一番の寒気

5日(水)夜から、日本付近は冬型の気圧配置になり、上空1500メートル付近でマイナス9度以下の寒気が中国地方まで流れ込んでいます。さらに上空5500メートル付近では、マイナス36度以下の寒気が東北北部まで流れ込んでいます。今季最も強い寒気です。このため、日本海で雪雲が発達し、北海道や本州に次々に流れ込んでいます。新潟県妙高市の関山では、6日(木)2時までの12時間降雪量は65センチで、統計開始以来2月として1位の記録を更新しました。
6日朝の気温は、北海道の上川地方江丹別と上川地方朱鞠内で、今季全国で初めてマイナス30度以下に。昨夜から今朝にかけて神戸、和歌山、徳島、高松では、初雪を観測しました。いずれも平年より遅く、神戸では53日も遅い観測です。

広く北風 雪雲の流れ込み続く

6日 日本海側は大雪 広く北風強く 今季一の寒さ

6日(木)は、冬型の気圧配置は次第に緩む見込みです。ただ、寒気の影響は続きます。夜にかけて、上空1500メートル付近でマイナス9度以下の寒気が、関東の南まで流れ込むでしょう。上空5500メートル付近では、マイナス36度以下の寒気が、北陸付近まで南下する見込みです。
全国的に北または西風が強めに吹き、北海道の檜山奥尻島では、瞬間的に35メートルの風が吹くでしょう。固定されていないプレハブ小屋が、移動したしたり、転倒したりするほどの風です。北海道や本州に、雪雲の流れ込みが続きます。関東北部の山沿いや東海では三重県などにも、夕方にかけて雪雲がかかる見込みです。九州も福岡県佐賀県など、対馬海峡沿岸の地域で、にわか雪やにわか雨があるでしょう。


あわせて読みたい

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月6日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。