ジョコビッチ対ナダル、アルカラス対ズベレフはどちらが勝つか?大会10日目の見どころ[全仏オープン]
拡大する(全1枚)
ビッグ3同士による夢のカードの実現!!

5月31日、「全仏オープン」大会10日目、大注目は男子準々決勝の2試合。なんといっても前回優勝の第1シード、ノバク・ジョコビッチ(セルビア/世界ランク1位)対過去13度優勝のラファエル・ナダル(スペイン/同5位)は見逃せない戦いになる。また、優勝候補の一角と目される19歳、カルロス・アルカラス(スペイン/同6位)対第3シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ/同3位)も楽しみな一戦だ。そして、本日から始まる車いすテニス、ジュニア女子ダブルスに日本人が登場する。

【表】“ジョコビッチ、ナダル、アルカラスが登場”全仏オープン8日目試合予定

本日のメインイベントは、センターコートの「コート・フィリップ・シャトリエ」ナイトセッション(日本時間6月1日3時45分開始予定)で行われるジョコビッチ対ナダルである。ビッグ3同士による夢のカードの実現、対戦成績はジョコビッチが30勝28敗とリードしているものの、全仏オープン限定ではナダルが7勝2敗でリードしている。

「(今大会での)最大のチャレンジになるだろう。準備はできている」と語るジョコビッチに対し、ナダルは「上のラウンドで世界No.1と対戦する夢を実現するためにやってきた。可能な限り最高のレベルでプレーし、自分にチャンスを与えられるようにしたい」と全力を尽くすと語っている。59度目の対戦、日本では明け方近くの開始となるが、見逃せない試合である。余談となるが、フランス国内では全仏を中継するアマゾンプライムが、急きょこの試合を制限なしで誰でも視聴可能とする措置を取ると発表した。それだけの重要な試合というわけだ。