大坂なおみは40位に下降、土居美咲はトップ100に返り咲く

7月25日、WTAは世界ランキングを更新。大坂なおみ(フリー)は前週から2つ下げた40位に、土居美咲(ミキハウス)は10上昇した97位と再びトップ100に戻している。


【画像】WTAランキングTOP20+その他の日本人をチェック(300位以内)

クレーコート・シーズン初戦の「ムチュア・マドリード・オープン」で左アキレス腱を痛めた大坂は、全仏オープンで初戦敗退。その後の回復も思わしくなくウィンブルドンを含む芝シーズンを欠場した。

次戦は、USオープンに向けた北米ハードコート・シーズンとなり、来週8月1日から行われる「ムバダラ・シリコンバレー・クラシック」(アメリカ・サンノゼ/WTA500)にワイルドカード(主催者推薦)にエントリー。2014年にツアー本戦デビューを果たし、初勝利も挙げた大会で2ヵ月半ぶりに復帰を果たす予定となっている。

97位にランクインした土居は、前週行われた「ハンブルク・ヨーロピアン・オープン」(ドイツ・ハンブルク/WTA250)で約4ヵ月ぶりにツアー勝利を上げている。

なお、同大会の決勝ではベルナルダ・ペラ(アメリカ)が第1シードのアネット・コンタベイト(エストニア/同2位)を6-2、6-4で破り、ツアー初優勝した先週に続いて2勝目。
ランキングも自己最高の54位に上昇している。

前週行われたもう一つの「パレルモ女子オープン」(イタリア・パレルモ/WTA250)ではイリーナ・カメリア・ベグ(ルーマニア)がルシア・ブロンゼッティ(イタリア)を6-2、6-2で下し、5年ぶりのツアータイトルを獲得。33位にランキングを上げている。