闘莉王、引退会見全文② Jリーグで印象に残った2つの栄光

闘莉王、引退会見全文② Jリーグで印象に残った2つの栄光

かつて浦和をJ1優勝へ導いた闘莉王 photo/Getty Images

1日、京都サンガF.C.に所属する元日本代表DF田中マルクス闘莉王が都内で記者会見を行い、今季限りで現役を引退することを発表した。これまで熱い魂で日本サッカー界を牽引してきた闘将が、会見で現在の心境や19年間のプロ生活などを振り返っている。

質疑応答など、コメントは以下のとおり

――これまで関わったきた人たちに引退を報告した際、印象に残った言葉は?


「(元浦和レッズの社長である)犬飼(基昭)さん。『引退しますよ』と報告したら『おっ、そうなの? それでいいの?』というふんに言われて、そりゃないなと思ったのが印象的でした(笑)。本当にたくさんのお世話になった人がいた中で、『まだやれるぞ!』『まだ大丈夫だよ』『あんたみたいなのはなかなか出てこないよ』と、たくさんの声をかけていただき、幸せ者だと思いました。でも自分が決断したわけで、『すいません』と謝りながら、自分に対する愛もすごく感じました」

――Jリーグの中で印象に残っているシーンとは


「やっぱりJリーグの中では、2つ喜ばしいことがありました。(浦和)レッズのJリーグ初優勝は印象的で、埼スタが、埼玉があれだけ盛り上がることはもう一度あるかどうか……。あれだけ埼玉県民が、浦和レッズサポーターが喜べる瞬間に、あのピッチに立たさせてもらえたことはやっぱり忘れられない。それと(名古屋)グランパスの初タイトル。あれだけ期待をされ、会見でも『男にするぞ』という言葉を発信し、自分に対してもすごくプレッシャーがかかった中での宣言通りのタイトルっていうのは……。最後の瞬間はピッチに立てなかったんですが、すごく心に残った。その2つはJリーグの中でも替えのきかない瞬間だなと思っています」

ーー今後の活動について


 「今後のことはまだ考えていないです。とりあえずブラジルに帰って、たくさんビールを飲んで、たくさん肉を食べて、10キロくらい太って、みなさんが少しでも笑ってくれるような姿を見せてあげられればいいかなと思っています」


あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「闘莉王、引退会見全文② Jリーグで印象に残った2つの栄光」の みんなの反応 1
  • 名無し 通報

    ザックに浦和の監督をして欲しい

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「大分トリニータ」のニュース

次に読みたい関連記事「大分トリニータ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「徳島ヴォルティス」のニュース

次に読みたい関連記事「徳島ヴォルティス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュース

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月1日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。