[特集/V字回復への処方箋 02]アーセナルに希望はあるか 探す“ビルドアップの形”

指揮官交代でも解決されぬビルドアップの脆弱性

[特集/V字回復への処方箋 02]アーセナルに希望はあるか 探す“ビルドアップの形”

今季リーグ戦でチームトップのゴールを挙げているオバメヤン photo/Getty Images

 公式戦9試合無勝利だったアーセナル。第16節でウェストハムに3-1と勝利し、フレディ・ユングベリ暫定監督下での初白星となった。ただ、内容はまだ先が見えない状態である。

 第15節のブライトン戦(1-2)では、前線にピエール・エメリク・オバメヤン、アレクサンドル・ラカゼット、メスト・エジルを配した[4-3-3]でスタートしたが攻守ともに機能せず。後半からニコラ・ペペを右サイドに投入、エジルをトップ下へ移動させて巻き返し、ラカゼットのゴールで一時は1-1に追いついた。しかし、続くFKからのダビド・ルイスのゴールはオフサイドで取り消しとなり、逆にブライトンに勝ち越しの2点目を決められている。

 そして、ウェストハム戦ではラカゼットを外してオバメヤンをトップに、エジルはスタートからトップ下に置き、右にペペ、左にガブリエウ・マルティネッリの攻撃陣に変えた。エジルを起用するならトップ下しかない。サイドで使うにはプレイ強度が足りないからだ。ただ、エジルの創造性とラストパスの能力は捨てがたい。この試合は後半に3点を奪って逆転勝利しているが、アーセナルが良くなったというよりはウェストハムの守備が突然劣化した印象だった。

 前向きにボールを持てば、アーセナルのアタッカーは質の高さを発揮できる。ウェストハムの運動量が落ちて中盤にスペースが空いてからは、攻撃陣が躍動して3点を連取できた。しかし、それまでの攻撃は全く不発だったのだ。

 不発の原因はビルドアップができなかったことにある。ウェストハムのハイプレスを前にして満足にボールを運ぶことができず、アタッカーが前向きに仕掛けられる状況を作れていなかった。ビルドアップの改善は緊急の課題である。


あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月11日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。