アーセナル天才司令塔が挑む“復活”の2020年 「全てが変わった」

アーセナル天才司令塔が挑む“復活”の2020年 「全てが変わった」

アーセナルのエジル photo/Getty Images

ほろ苦い2019年とは異なる1年へ

2019年の1年間はアーセナルMFメスト・エジルにとってハードなものとなった。2018-19シーズンよりチームを指揮したウナイ・エメリの下で絶対的な存在になることができず、余剰戦力として放出される可能性が何度も指摘されてきたのだ。

週給35万ポンドが高すぎると批判を浴びることも多く、ポジティブな要素は非常に少なかったと言える。しかし、2020年は天才司令塔復活の1年とできるかもしれない。

エジルの運命を変えるは新指揮官ミケル・アルテタだ。エメリとアルテタの違いは様々あるが、エジルの重要度が変わったのは最も分かりやすい違いと言えよう。アルテタは就任早々にエジルをトップ下に配置し、攻撃のタクトを振るう役割を任せている。

エジルも期待に応えており、やはりチームスタイルと噛み合った時のエジルは特別な違いを生み出すことができる。英『Daily Mirror』によると、エジルもアーセナルでプレイを続けていくことに喜びを感じているようだ。

「今年も来年もここで契約が続いていくことに満足している。未来に何があるかは言えない。未来に興奮しているけど、何が起こるかは分からないからね。僕には難しい時間があった。特に前任のエメリの下ではね。だけど今では全てが変わり、全てが非常にハッピーだ。継続してプレイできているし、全てが上手く進んでいる。アルテタに関しては以前のインタビューでも言ったけど、これほどの短期間でクラブに適応してみんなを驚かせている。彼は良い仕事をしているし、成功へ野心的だよ」

あとはチームの成績が上がっていけば言うことなしだ。トップ4入りは難しいかもしれないが、最低でもトップ6には入って今季を終えたい。エジルの貢献も重要なものだが、苦しい時間を過ごしたアシストマシーンは2020年こそ大爆発となるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月17日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。