「本当にうちで働きたいの?」面接官が「イラっ」とする瞬間

「本当にうちで働きたいの?」面接官が「イラっ」とする瞬間

就職活動での面接を突破するためには、面接官から良い印象を持ってもらうことが重要です。相手をイライラさせるような受け答えをしていると、採用からはどんどん遠ざかってしまうでしょう。



そこで今回は、面接官がついイラっとしてしまう瞬間を集めました。就職・転職活動中にやってしまいがちなミスの事例も、あわせてお伝えします!



■面接官がイラっとする瞬間!



たとえ面接官が笑顔で対応していても、心の中で「この人とは働きたくない」と感じているかもしれません。では、相手のどのような対応にイライラしてしまうのでしょうか。その事例を見てみましょう。



・受けている会社の情報を何も知らない
・今働いている職場や上司の愚痴を言う
・今の会社と見比べている



転職活動をするということは、今の会社に不満を抱えているケースが多いはず。だからといって、その不満を相手にぶつけると「うちに来たら、今度はうちの悪口を言う人なのだろう」と思われてしまいます。



また、「今の会社の方がいい」と自慢するのも避けておきましょう。とくに同業者かつ今の会社の業界シェア率が高い場合、「どうして我が社を受けたんだろう」「出世ができなかったのかな」と捉えられてしまいます。過度な自慢や愚痴はほどほどにして、自分のアピールに専念しておきましょう。



■面接官とのやりとりを振り返ろう



「自慢や愚痴は控えているのに、なぜか面接官の反応が良くない…」という方は、面接でのやりとりに問題があるのかもしれません。以下のような項目に当てはまる方は、面接中にNG行動をしている可能性があります。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月28日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。