熟年夫婦になって実感した「若いうちにやらなくてよかった」こと

熟年夫婦になって実感した「若いうちにやらなくてよかった」こと
拡大する(全1枚)

平成から令和にかわって2年、このあいだに生活に変化があったという人がいるようです。厚生労働省が発表した「令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況( https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai19/dl/gaikyouR1.pdf )」によると、2019年に婚姻をした件数は、598,965組と7年ぶりに増加したことがわかりました。しかし、令和元年の節目に結婚するカップルがいる中で、離婚件数も、208,489組と増加傾向にあることも合わせて報告されています。



新婚夫婦が離婚への道を歩まないためにも、先輩夫婦からの助言に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。「やっておけばよかった」という意見はよく聞きますが、今回は、熟年夫婦が教える「若いうちにやらなくてよかった」ことをご紹介します。



熟年夫婦は、一体なにに対して「やらなくてよかった」と思っているのでしょうか。



■「若いうちにやらなくてよかった」とは 



「若いうちにやっておけばよかった…」と思うことはありませんか?令和2年6月に発表された、松井証券株式会社が「結婚3年以内の20~30代男女400人(若年夫婦)」と「結婚30年以上の50~60代男女400人(熟年夫婦)」を対象に調査した「夫婦の家計管理事情に関する調査( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000120.000019241.html )」によると、若いうちにやっておけばよかったと後悔していることの1位は「資産運用などのお金関係」であるそうです。早めに資産運用をはじめていればよかったと考えているのだとか。


当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。