「火災保険」の保険金申請をするのは6人に1人。最も多かった被害とは?

「火災保険」の保険金申請をするのは6人に1人。最も多かった被害とは?
       



万が一の備えとして保険に入る人も少なくありません。例えば病気に対応する医療保険、車で事故を起こしたときのための自動車保険、そして火事や台風に備える火災保険など種類は様々です。



その中でも今回は火災保険について見ていきます。東晶貿易㈱が運営する「保険のはてな」の「火災保険の加入状況と保険金申請の経験に関するアンケート」( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000005088.html )をもとにしていきましょう。



■火災保険に入っているのは約半数



東晶貿易㈱が運営する「保険のはてな」の調査において、火災保険や火災共済に入っているかと質問をしたところ、53%が「入っている」と回答しています。



「火災保険」の保険金申請をするのは6人に1人。最も多かった被害とは?

拡大する



火災保険に入っている人の割合(出典:東晶貿易㈱が運営する「保険のはてな」の調査より)



■保険金を申請したことがある人はどのくらいいる?



火災保険に加入している人に、保険金申請をしたことがあるか質問をしました。その結果15%の人が申請したことがあると回答。これは6人に1人程度と考えることができます。



火災保険は火災だけではなく、台風や竜巻、浸水や土砂崩れなどの水害などにも対応していますから、いろいろな災害での被害を受けていることがうかがえます。



■保険金の申請。どんな災害が多いの?



保険金申請を行なった人に対して「どのような内容で申請を行なったのか」と聞いたところ、最も多かったのは「風災(台風や竜巻)で34.7%、次いで「火災」の31.6%、「破損・汚損」で27.6%、「水害(浸水・土砂崩れ)」で24.0%、「落雷」の10.7%と続きます。気象庁によると、台風の上陸数は年間で5つ程度です。(※1)( https://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/typhoon/statistics/landing/landing.html )ただ接近数では、2018年が16、2019年が15で、これらの台風によって大きな被害が出たようです。(※2)( https://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/typhoon/statistics/accession/accession.html )


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。