冬目前!二人以上世帯の「年間の電気代・ガス代・灯油代」と節約術は?

冬目前!二人以上世帯の「年間の電気代・ガス代・灯油代」と節約術は?
拡大する(全1枚)

急に寒くなり、エアコンや石油ストーブなどを使い始めた方もいるでしょう。2021年10月26日の経済産業省の有識者会議では、10年に1度の厳しい寒さを想定する場合、需要に対する供給力の余裕を示す「予備率」が全国7エリア(東京・中部・北陸・関西・中国・四国・九州)で3%台と公表されました。



多くの家庭で冬に悩ましいのが、年間で最も光熱費が高くなることでしょう。原油価格の高騰が続いており、灯油代の負担も増えると考えられます。



実際に、年間の電気代やガス代、灯油代はどれほど使用しているのでしょうか。二人以上世帯の1年間の電気代・ガス代・灯油代を確認しながら、冬の節約術についてもみていきます。



■二人以上世帯の1年間の電気代と節約術



まずは総務省統計局の「家計調査年報(家計収支編)2020年(令和2年)」より、二人以上世帯の2020年の電気代をみていきます。



■二人以上世帯・2020年(令和2年)の電気代



  • 1月:1万2232円
  • 2月:1万3201円
  • 3月:1万3100円
  • 4月:1万2117円
  • 5月:1万541円
  • 6月:9153円
  • 7月:8585円
  • 8月:9661円
  • 9月:1万1206円
  • 10月:1万152円
  • 11月:8965円
  • 12月:9137円

注意点としては、家計調査での光熱・水道費の支払いについて、請求やメーターの検針があった日ではなく、世帯が実際に支払った日(口座振替の場合は口座振替日)が反映されていることです。つまり、2月の電気代は、1月の使用量を反映していることになります(後述するガス代も利用月と支払月が1カ月ずれます)。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク