日本株の上昇トレンドを逃さない!「攻め」と「守り」のメリハリ

日本株の上昇トレンドを逃さない!「攻め」と「守り」のメリハリ
拡大する(全1枚)

 日本株は強い動きが続いていますが多くの個人投資家はこれに乗れていません。それ自体は仕方ありませんが、「持っていない」としたらちょっとまずいかもしれません。


個人投資家の多くは今回の株価上昇に乗れていない!その実態とは

 9月から上昇が続いている日本株。日経平均株価や多くの個別銘柄は上昇トレンドが継続しています。


 しかし「日経平均の上昇の割にはあまり利益を得られない相場だな」と感じませんか?


 筆者は、個人投資家が実際どの程度の利益を上げることができているかを調べるために指標「信用評価損益率」を定期的にチェックしています。


 信用評価損益率は、個人投資家が信用取引で買った株の含み損益がどの程度あるかを表す指標です。この数値が改善傾向にあれば、多くの個人投資家にとって損失が縮小して利益が増えていることになります。


 この信用評価損益率、11月8日時点の数値は▲12.56%です。そして日経平均が上昇をスタートする直前である8月30日時点では▲15.93%でした。


 信用評価損益率が▲5%くらいまで改善していたら、個人投資家の多くが利益を伸ばしたという状況ですが、実際は株価のボトムから現時点まで3ポイントほどしか改善していません。ここから、個人投資家の保有株はあまり上昇していないことが分かります。


乗れなくてもよいが動かないのは良くない

 同じ株価上昇でも、個人投資家が利益を得やすい上昇と、利益を得にくい上昇があります。今年9月以降の株価上昇は、間違いなく後者のパターンです。ですから、利益が伸び悩んでいること自体はそれほど気にする必要はないと思います。


当時の記事を読む

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月21日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。