日経平均上昇の賞味期限は短い?弱い上海、強いダウ、日米交渉次第?

日経平均上昇の賞味期限は短い?弱い上海、強いダウ、日米交渉次第?

日経平均は陰線続きだが、崩れにくさも継続

 先週末11月29日(金)の日経平均株価は2万3,293円で取引を終えました。前週末終値(2万3,112円)からは181円高、週足ベースでは3週ぶりの反発となりました。


  前回のレポート では「日経平均の値持ちの良さが試される」と書きましたが、無事に株価水準を維持させることができた他、26日(火)の取引時間中には年初来高値を更新する場面も見られました。


 今週から12月相場入りとなり、2019年もいよいよ残り1カ月を切りました。引き続き堅調な展開を続けることができるのか、まずはいつもの通り日足チャートで足元の状況から確認していきます。


■(図1)日経平均(日足)の動き(2019年11月29日取引終了時点)


日経平均上昇の賞味期限は短い?弱い上海、強いダウ、日米交渉次第?
出所:MARKETSPEEDⅡを元に筆者作成

 あらためて先週の日経平均の値動きをローソク足の形と並び方で追っていくと、週初の25日(月)の「十字線」に始まり、以降は週末まで陰線が続きました。また、並んでいる陰線は2万3,500円の水準が上値の抵抗になっているようにも見えます。確かに11月12日以降に終値ベースでこの2万3,500円台に乗せきれていません。


 さらに、冒頭でも触れた26日(火)の取引時間中につけた高値(2万3,608円)についてですが、11月のオプション・mini先物取引のSQ値(2万3,637円)にわずかに届かず、年初来高値は更新してはいるものの、いまいち「アク抜け感」が出ていない印象です。


あわせて読みたい

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。