日本株はどこまで反発できる?相場ムードを左右する二つの「オーバーシュート」

日本株はどこまで反発できる?相場ムードを左右する二つの「オーバーシュート」

先週の日経平均は「下げ過ぎ」感を修正

 先週末3月27日(金)の日経平均終値は1万9,389円でした。週足ベースで7週ぶりに反発した他、前週末終値(1万6,552円)からの上昇幅も2,837円とかなり大きなものとなっています。


 日本銀行による大量のETF(上場投資信託)買いをはじめ、米国の量的緩和の再開や2兆ドル規模の経済対策成立に向けた動き、東京五輪が中止ではなく延期の方向になったことなどを背景に、これまでの株価急落による「下げ過ぎ(オーバーシュート)」感が修正される動きだったと言えます。


 今週は3月から4月への「月またぎ」、そして新年度相場入りとなりますが、日本株は引き続き反発基調を維持できるかが焦点になります。また、先週の反発によって、株式市場は底入れをし、下落の峠を越えたのでしょうか?


 早速、足元の状況から確認していきます。


■(図1)日経平均(日足)の動き(2020年3月27日取引終了時点)


日本株はどこまで反発できる?相場ムードを左右する二つの「オーバーシュート」
出所:MARKETSPEEDⅡを元に筆者作成

 先週の日経平均の値動きをローソク足でたどってみると、週初の23日(月)が「はらみ足」の陽線で下げ渋り感が出ていた他、翌24日(火)と25日(水)は大きな陽線が「窓」を空けて続き、株価水準を一気に切り上げる勢いが出ていたこと、そして、週末にかけての26日(木)と27日(金)は1万9,000円台を意識したもみ合いによる一服感といった展開だったことが分かります。


 そして、気が付けば25日移動平均線を射程圏内に捉える株価水準となっています。先週末時点の25日移動平均線は1万9,817円ですが、ここを上抜けできれば、2万円台乗せも見えてきます。これまでの株価の下げがキツかっただけに、株価の戻りもある程度大きなものになると想定されますので、その可能性は十分にあります。


あわせて読みたい

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。