マーケット楽観主義、早く修正の必要? ドル/円は不気味な沈黙
拡大する(全8枚)

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは108.20下値メドは106.46

今朝の天気マークは「くもり」


※天気の判定基準は記事末尾にあります


リスクオンでも
オフでもない世界で


 ヒトとモノの移動量は経済回復の度合いを示すバロメーターです。移動量の増加は企業活動の拡大を示し、外出が増えれば消費も増えます。したがって、移動量の増加と株価上昇には相関関係があるといえます。


 新型コロナによるロックダウンで世界の移動量がほぼゼロまで落ち込んだとき、中央銀行や政府は緩和政策や財政政策によって経済を支えてきました。現在もそれは続いていて、そのおかげでマーケットはコロナ後の世界に希望をつなげられるのです。


 感染率が低下するともに世界で経済が再開して、さあこれからだ、という時に米国で最も人口の多い3つの州のうち2つ(フロリダ州とテキサス州)で感染が拡大。中国の北京では、50日以上も感染報告がなかった後、100件近くもの新たな事例を発表。楽観的経済見通しに対する試練が早くもやってきました。


 マーケットが相場の方向に確信を持てない状況で、ボラティリティは高くなります。リスク許容度が低くなっていることも、相場の動きを加速させる要因。


 上下動を繰り返した後、いずれはどちらかに抜けていくのでしょうが、注意したいのは、現在の株価やドル/円には、良いニュースがほぼ織り込まれていること。FOMC(米連邦公開市場委員会)は様子見モードに入っているので、これ以上の新しい政策は期待できない。マーケットが今後上昇していくには、実態経済が強くなるという証拠が必要です。


この記事の画像

「マーケット楽観主義、早く修正の必要? ドル/円は不気味な沈黙」の画像1 「マーケット楽観主義、早く修正の必要? ドル/円は不気味な沈黙」の画像2 「マーケット楽観主義、早く修正の必要? ドル/円は不気味な沈黙」の画像3 「マーケット楽観主義、早く修正の必要? ドル/円は不気味な沈黙」の画像4
「マーケット楽観主義、早く修正の必要? ドル/円は不気味な沈黙」の画像5 「マーケット楽観主義、早く修正の必要? ドル/円は不気味な沈黙」の画像6 「マーケット楽観主義、早く修正の必要? ドル/円は不気味な沈黙」の画像7 「マーケット楽観主義、早く修正の必要? ドル/円は不気味な沈黙」の画像8