ユーロ/円、なぜ上がらない?「動かない」は本当か?
拡大する(全5枚)

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは105.72下値メドは105.12

今朝の天気マークは「くもり」


※天気の判定基準は記事末尾にあります


37%が「ユーロ安」期待。
「ユーロ高」は2割以下


 楽天証券が先月末に実施した相場見通しアンケートの調査結果によると、個人投資家の約37%が、10月のユーロ/円は「122円よりユーロ安」に動くと予想しています。反対に「127円よりユーロ高」に動くという予想は約16%しかありませんでした。半数近い約47%は「122円から127円」のレンジ相場を支持しています。10月のユーロ/円のこれまでの高値は125.08円、安値は123.01円。中心値は124.05円。今のところは、このレンジ相場を抜け出す勢いがみられません。


 ユーロが今年、長く暗いトンネルを抜けて大きく躍進するきっかけとなったのは、ドイツとフランスが旗振り役となって設立したEU(欧州連合)の欧州復興基金です。EUが単一通貨(ユーロ)から次のステージとなる財政統合へ向かう第一歩であり、コロナ景気対策以上の意義があるのです。


 ところが「総論賛成、各論反対」で、その運営方針を巡り現在紛糾中。いつもながらEU首脳は、「自分たちが決定したいことを決定できるようになるまで、何か決定することを決定しないことを決定」したわけで、これはブレグジット交渉にもあてはまります。


 ユーロ/円は9月1日に年初来高値となる127.07円をつけたあと失速、9月28日には122.38円まで下落しましたが、中心値(124.70円)を目指して124円まで戻しています。


この記事の画像

「ユーロ/円、なぜ上がらない?「動かない」は本当か?」の画像1 「ユーロ/円、なぜ上がらない?「動かない」は本当か?」の画像2 「ユーロ/円、なぜ上がらない?「動かない」は本当か?」の画像3 「ユーロ/円、なぜ上がらない?「動かない」は本当か?」の画像4
「ユーロ/円、なぜ上がらない?「動かない」は本当か?」の画像5