菅首相退陣でアベノミクス級の大相場も!?自民党総裁選や外国人投資家の動向に注目!

菅首相退陣でアベノミクス級の大相場も!?自民党総裁選や外国人投資家の動向に注目!
拡大する(全1枚)

 投資を始めたばかりの方に株式市場のニュースを分かりやすくお伝えする「トレンドマーケットスクールTOKYO」。先週の日本株は菅首相の退陣報道で急上昇。今週9月6日(月)から10日(金)は、日本株が本格的な上昇モード入りするかどうかが決まる大切な1週間になりそうです。


菅首相退陣表明で劇的に好転。日経平均株価3万円突破も!?

 先週の日本株は久しぶりに目覚ましい好パフォーマンスを見せました。


 日経平均株価は5日連続で上昇が続き、3日(金)の終値2万9,128円まで1週間で1,487円も上昇。8月20日に2万7,013円の年初来安値(今年の最安値)をつけたことを考えると、かなり劇的な好転です。


 銀行株や通信株など、より幅広い銘柄の値動きを反映するTOPIX(東証株価指数)は日経平均株価以上に上昇して、実に30年4カ月ぶりの高値をつけました。


 その要因は何と言っても、週前半は衆議院の解散総選挙観測、そして3日(金)の菅義偉首相による退陣意向の表明でした。


 9月2日(木)の日本経済新聞では「選挙が大好きな日本株」という見出しで、過去30年間に10回実施された衆議院解散総選挙の期間中、日経平均株価が10勝0敗、TOPIXが9勝1敗と、「株価はほぼ間違いなく上昇してきた」(同記事より)と報じています。


 金曜日の市場終了後には、河野太郎規制改革担当相などが自民党総裁選出馬の意向を固めたことが報じられました。4日早朝の日経平均先物市場(期近)の終値は2万9,500円台まで上昇し、3万円の大台突破も視野に入ってきました。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「アベノミクス」に関する記事

「アベノミクス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アベノミクス」の記事

次に読みたい「アベノミクス」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク