名物路線が相次ぎ消滅 全国「2020年10月廃止の路線バス」 かつての鉄道代替バスや絶景路線も
拡大する(全3枚)

各バス事業者が2020年10月に行うダイヤ改正により、多くのバス路線が姿を消します。そのなかには、かつて鉄道として運行されていた幹線バスや、驚くほどの秘境、狭い道を走る路線も。どのような路線であったのかも振り返ってみましょう。

大都市の幹線や鉄道代替路線が廃止

 2020年10月のダイヤ改正で多くのバス路線が廃止されます。なかには、かつての幹線路線や、鉄道の代替バス路線、車窓に広がる景色がファンの人気を集めた路線も。それぞれの事情を見てみましょう。なお、特記以外は2020年9月30日(水)が最終運行日です。

●阪急バス13系統
・廃止区間:箕面~豊中~梅田(10月2日〈金〉最終運行、5日〈月〉廃止)

隣接する都市にも大きな住宅街を抱える大阪市は、周囲の街から中心部へ向かうバス路線が多く存在しました。ほとんどが鉄道の発展とともに姿を消すなかで、鉄道と並行しながらひっそりと運行されていた阪急バス13系統が廃止となります。

 阪急箕面駅から梅田の市街地を結ぶこの路線は、親会社の鉄道路線でもある阪急箕面線・宝塚線とかなりの部分で並行します。全線を走破すれば1時間という都心部には珍しいロングラン路線でしたが、豊中市内の鉄道駅を利用しづらい地区をカバーしていたため、全線を通じて乗客が多く、鉄道を補う役割を果たし続けてきました。

名物路線が相次ぎ消滅 全国「2020年10月廃止の路線バス」...の画像はこちら >>

阪急バス13系統は、梅田バス停を発車してすぐ阪急百貨店横を通る(2016年10月、宮武和多哉撮影)。


この記事の画像

「名物路線が相次ぎ消滅 全国「2020年10月廃止の路線バス」 かつての鉄道代替バスや絶景路線も」の画像1 「名物路線が相次ぎ消滅 全国「2020年10月廃止の路線バス」 かつての鉄道代替バスや絶景路線も」の画像2 「名物路線が相次ぎ消滅 全国「2020年10月廃止の路線バス」 かつての鉄道代替バスや絶景路線も」の画像3