最新型「はかた号」に乗った 東京~福岡14時間も快適に 支持され続ける理由

最新型「はかた号」に乗った 東京~福岡14時間も快適に 支持され続ける理由
       

東京~博多間を結ぶ西鉄の夜行高速バス「はかた号」、運行30周年を記念して投入された新型車に乗ってみました。14時間もの長さを感じさせない快適な車内から、30年にわたり支持される理由を探ります。

先代「はかた号」よりも座席ゆったり 最新装備も

 西日本鉄道(以下:西鉄)が運行する東京(新宿)~北九州・福岡間の夜行高速バス「はかた号」が、2020年10月で運行開始30周年を迎え、これに先立つ7月には新型車も導入されました。今回、その新「はかた号」に新宿から乗車しました。

 新宿の乗車地は、日本最大級の高速バスターミナル「バスタ新宿」。バスは発車10分前に乗り場へ入線します。

 ベース車両は、乗り心地と安全対策がさらに進化した三菱ふそう製の最新型スーパーハイデッカーバス「エアロクイーン」。前面のつりあがったヘッドライトが特徴です。

最新型「はかた号」に乗った 東京~福岡14時間も快適に 支持...の画像はこちら >>

「はかた号」専用車としては9代目となる新型。バスタ新宿にて(須田浩司撮影)。

 車内は、前方4席が個室型プレミアムシート、後方19席(予備席を含む)が3列独立ビジネスシートの2クラス制になっています。車内に入ってみると、まるでホテルのリビングに居るかのような雰囲気。全体的な質感をさらに向上させた印象を受けます。

 特に人気なのが、今回筆者(須田浩司)が乗車した個室型プレミアムシートです。先代車両と比較して、座面幅を約6cm、背もたれを約19cm拡大。座り心地を改良したほか、木目調パネルの多用で、より落ち着いた雰囲気になりました。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月3日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。