F/A-18「ホーネット」の大逆転劇 「空」がダメなら「海」で飛ばせばいいじゃない!

F/A-18「ホーネット」の大逆転劇 「空」がダメなら「海」で飛ばせばいいじゃない!
       

アメリカ軍はじめ各国軍で採用されているF/A-18「ホーネット」戦闘攻撃機は、実は一度、制式採用のコンペに敗れていました。しかしトコロ変われば敗因要素がむしろ評価されるという、文字通りの大逆転劇が繰り広げられることになります。

アメリカ海軍の顔「ブルーエンジェルス」の使用機といえば…?

 2020年11月4日、アメリカのフロリダ州ペンサコラで、アメリカ海軍のアクロバット飛行チーム「ブルーエンジェルス」が、F/A-18C/D「ホーネット」戦闘機を使用する最後のフライトを実施しました。

F/A-18「ホーネット」の大逆転劇 「空」がダメなら「海」で飛...の画像はこちら >>

2020年11月4日にフロリダ州ペンサコラで行なわれた、ブルーエンジェルスによるF/A-18C/Dのラストフライト(画像:アメリカ海軍)。

 ブルーエンジェルスは、2008(平成20)年1月からF/A-18C/Dを使用してきましたが、1986(昭和61)年11月から2008年1月まではF/A-18C/Dの原型であるF/A-18A/B「ホーネット」を使用しており、すなわちブルーエンジェルスは34年間に渡って、F/A-18「ホーネット」を使用してきたことになります。

 ブルーエンジェルスは第2次世界大戦終結直後の1946(昭和21)年4月に、一般国民の海軍航空兵力への関心を維持することを目的に設立された、いわばアメリカ海軍の「顔」とでもいうべき飛行隊です。その重責を歴代の使用機のなかで最も長く務めたF/A-18「ホーネット」もまた、アメリカ海軍の「顔」として一時代を築いた戦闘機ですが、実のところF/A-18は、アメリカ海軍のために一から開発された戦闘機ではありませんでした。


乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月30日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。