クルマ左折時の幅寄せが危険視されるワケ 安全のためのルール、なぜトラブルの火種に

クルマが左折する際の幅寄せは、車道を走る自転車にとって危険という意見があります。そもそも、左折時の幅寄せにはどのような意味があるのでしょうか。

教習所でも習う左折時の幅寄せ

 クルマを運転していて左折する場合、自動車教習所では、その手前から合図を出し、クルマを左に幅寄せするよう教わったことでしょう。

クルマ左折時の幅寄せが危険視されるワケ 安全のためのルール、なぜトラブルの火種に

車道の左側端には、自転車の通行場所や方向を案内する「自転車ナビマーク」が設置されていることも(2017年6月、乗りものニュース編集部撮影)。

 しかし、車道の左側を走行するのが原則である自転車にとっては、このクルマの幅寄せが危険だとする声も聞こえます。自転車の普及促進やマナー啓発についての活動などを行う日本自転車普及協会(東京都品川区)は、「確かに片側1車線の道や、路側帯の幅が狭いところなどで、クルマの幅寄せが危ないという声も聞かれます」と話します。

「やはり自転車の場合も、交差点に近づいたら周囲を確認することが重要です。前のクルマが左折の合図をしていたら、先に行かせたほうがよい場合もあります」(日本自転車普及協会)

 同協会では、クルマの幅寄せが危ないという声は把握しているものの、これまで警察などと協議などはしていないといいます。

幅寄せをしないドライバーが多いのも問題?

 そもそも左折車の幅寄せには、どのような目的があるのでしょうか。東京都世田谷区の自動車教習所「フジドライビングスクール」の田中さんに聞きました。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る 2017年7月1日の経済記事
「クルマ左折時の幅寄せが危険視されるワケ 安全のためのルール、なぜトラブルの火種に」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    運転歴25年、走行距離30万キロ。教習所で教わった事の全てが必要かつ間違いはかったと実感しています。右左折時の歩行者・自転車の目視などは特にできていない人が多いのでは?だから辛気臭い信号だらけ。

    2
  • 匿名さん 通報

    道路交通法のこまごまとした決め事なんかより危険回避のほうを優先したほうがええと思うで。

    1
  • 匿名さん 通報

    近年は左折で路肩に寄った前車の脇を強引に直進する後続車が、前車の前を横断する歩行者をひき殺すとか良くあるw

    1
  • 匿名さん 通報

    寄せるどころか、反対に膨らんで回る車が、かなりいます ひどいときは、左折なのに、右折車線まで膨らんで、こちらの方が、かなり危険です 左折の時は右をみず、右に膨らみますから

    1
  • 匿名さん 通報

    たんに実技教習と仮免試験が、いいかげんな教習所があるってだけじゃないのか。あとレンタルする国際免許で走る外国人。ヘタクソドライバーなだけ。無謀走行する自転車が増えてることもあるかも

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。