「鉄分濃いめ」スタバ登場! 寝台特急「スターバックス」?に鉄鉱石 門司港駅復原で

JR九州 門司港駅の駅舎が復原、グランドオープンするのにあわせて、“鉄分濃いめ”のスターバックスがその内部に誕生。この「鉄分」、「鉄道」だけではなく、日本の発展を支えた北九州市の歴史に深く関係しているのもポイントです。

スタバ看板もレールの上

 JR九州 鹿児島本線の門司港駅(北九州市門司区)に2019年3月10日(日)、“鉄分濃いめ”のスターバックス店舗がオープンします。

 壁に飾られている歴代のスターバックスロゴマークは、かつて寝台特急などが先頭に掲げていた、列車名と絵柄の入ったヘッドマークを模したもの。

「鉄分濃いめ」スタバ登場! 寝台特急「スターバックス」?に鉄鉱石 門司港駅復原で

寝台特急のヘッドマークのように、歴代のスターバックスロゴマークが飾られている門司港駅店内(2019年3月7日、恵 知仁撮影)。

 店内にある「STARBUCKS COFFEE」のサインは、蒸気機関車のナンバープレートをイメージ。そして、店内の各所に九州で使われた本物のレールを配しているほか、店頭のスターバックス看板もレールの上にあります。

 1891(明治24)年に開業した門司港駅はかつて、対岸の本州・下関から連絡船で到着した人々が列車で九州各地へ旅立っていく「鉄道の要衝」であり、「九州の玄関駅」でした。

 現在の門司港駅舎は、1914(大正3)年に完成した2代目で、1988(昭和63)年、鉄道駅として日本で初めて国の重要文化財になります(現役の駅で国の重文である駅舎はほかに東京駅丸の内駅舎のみ)。


あわせて読みたい

気になるキーワード

乗りものニュースの記事をもっと見る 2019年3月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スターバックス」のニュース

次に読みたい関連記事「スターバックス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。