海上自衛隊で最多使用の艦名「くろしお」 旧日本海軍では駆逐艦 戦後は民間潜水艇にも

海上自衛隊は、自衛艦の艦名を旧国名や山岳名、河川名などから命名していますが、そのなかには旧日本海軍でも使われたものが複数あります。そのため艦名のなかには、通算すると4回も使用されているものがあります。

旧日本海軍「黒潮」はわずか3年で海没

 海上自衛隊において、旧日本海軍の艦艇と同名の自衛艦は数多く存在します。史上最大の護衛艦「いずも」ならびに「かが」を筆頭に、イージス護衛艦の「こんごう」や「あたご」、汎用護衛艦の「むらさめ」や「あさひ」なども、旧日本海軍に同名の艦がありました。

海上自衛隊で最多使用の艦名「くろしお」 旧日本海軍では駆逐艦 戦後は民間潜水艇にも

旧日本海軍の駆逐艦「黒潮」と同型である陽炎型駆逐艦の14番艦「谷」(画像:アメリカ海軍)。

 特に「あたご」や「むらさめ」、「ありあけ」などは、旧日本海軍と海上自衛隊合わせて2020年現在までに4度も艦艇名に使用されています。それぞれ初代、2代目……などと俗称され、4代を数える艦艇はほかにもいくつかありますが、なかでも特徴的なのは「くろしお」でしょう。

 4回も使われた艦名のなかで「くろしお」や「あさしお」は水上戦闘艦と潜水艦の両方で使われています。しかも「くろしお」は、海上自衛隊の艦艇名称に限った場合、いちばん多く使われた艦名、つまり最も多く代を重ねた艦名になるのです。なお旧日本海軍では艦名は漢字でしたが、海上自衛隊では艦名はひらがな表記になっています。

 初代「黒潮」は旧日本海軍の駆逐艦です。旧日本海軍では、艦名は漢字表記でした。同艦は、陽炎(かげろう)型駆逐艦の3番艦として1938(昭和13)年10月25日に進水、1940(昭和15)年1月27日に就役しました。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月3日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。