『100均タックル』マゴチゲームで50cmマゴチ御用【伊勢湾奥】

元々伊勢湾奥はマゴチの魚影が濃いエリアだが、この時期になると大釣りが楽しめるタイミングが存在する。モノは試しと出かけてみたマゴチゲームの様子をお届け。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

『100均タックル』マゴチゲームで50cmマゴチ御用【伊勢湾奥】

一日目は霞ケ浦ふ頭のシャローへ

三重県四日市の霞ケ浦ふ頭に到着したのは10月8日の午後7時ごろ。まずは昨年好調だった水深のあるポイントを探ってみるが、10投ほどしても反応がない。そこで過去の実績場でもある、比較的水深の浅いシャローエリアに移動してみた。

なるべく軽いジグヘッドを使いたいところだが、風が強いので5gを選択。2inchのストレート系ワームをセットして、カケアガリ付近を探っていく。着底後は底から30cmをイメージしながらのスイミング。時折カーブフォールを交え、着底までの時間を計ることでレンジを補正しながらルアーを泳がせる。 ここから4匹追加したが、どれも似たようなサイズだ。足元からは手のひらサイズのキビレも飛び出したが、満足にはほど遠い。

アンダーショットリグで50cmヒラメ

風がさらに強くなってきたので、2号オモリのアンダーショットリグに変更。遠投して沖目を探る。

アタリは数回出たがヒットとはならず、諦めかけたその時、サオ先が絞り込まれた。それなりの重量感だが、マゴチとは違う。だが、エイにしては軽すぎる。何だろうと思いながら寄せてみると、これがヒラメ。しかも、なかなかのサイズだ。慎重に抜き上げ、メジャーを当てるとジャスト50cm。

これはうれしいサプライズだが、こんなときに限ってクーラーがない。という訳でこの日はここでサオを畳み、急いで帰途に就いた。

2日目は『100均タックル』で挑戦

『100均タックル』マゴチゲームで50cmマゴチ御用【伊勢湾奥】
このサイズが多かった(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

これに気を良くして、翌9日も釣行。前日と同じ場所を探ってみたが、小ぶりのマゴチ数匹だけ。しかも、小さいものは20cmそこそこという極小サイズだ。この日は某百円ショップのチョイ投げセット(千円)を使っていたが、それでも持て余してしまう。そこで大きく場所移動。

50cmマゴチが登場!

3gのジグヘッドを可能な限り遠投し、広い範囲を探っていく。だが、ここも小型ばかりだ。あちこち探り歩いたが、サイズアップは果たせないまま午後10時。そろそろ終わりにしようか。

そんな時、ようやく大物の手応え。サオとリールは激安品だが、ラインはラピノヴァXの0.6号に巻き替えてある。余裕のファイトで抜き上げたマゴチはギリギリ50cm。これなら納得サイズだ。キープするか迷ったが、まだ前日のヒラメが残っているので今回はリリース。これで満足の終了となった。

『100均タックル』マゴチゲームで50cmマゴチ御用【伊勢湾奥】
ラストに50cmジャストが(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

霞ケ浦周辺の今後の展望

この霞ケ浦周辺のマゴチだが、ここ数年毎年時期や場所にズレがあって例年のパターンが通用しないケースが多い。この先どうなるかは分からないが、過去の状況を考えれば11月ごろまでは狙えるのではないかと推測している。

マゴチは難しいというイメージを持っている人も多いが、実のところ接岸さえしていれば比較的容易に釣れる。サイズは時の運だが、小型なら高確率で楽しめるので、このチャンスに狙ってみてはいかがだろうか。

<週刊つりニュース中部版APC・浅井達志/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
大樟漁港
場所:三重県・霞ケ浦岸壁 この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年11月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。

あわせて読みたい

TSURINEWSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月10日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。