【スバルがこだわる水平対向エンジン!】そんなにいいならなぜ他メーカーは採用しないのか

【スバルがこだわる水平対向エンジン!】そんなにいいならなぜ他メーカーは採用しないのか
拡大する(全6枚)

水平対向エンジンは部品点数が多くコストが高くつく

SUBARUは、左右交互に配置されたピストンが水平に向かい合う形で作動する水平対向エンジンを50年以上にわたり採用し続けている。今では世界でスバルとポルシェしか採用していない、自動車用のエンジンとしては少数派の水平対向エンジンに、頑なまでにこだわり続ける理由は何なのだろうか。



水平対向エンジンには、向かい合ったピストンが振動を打ち消しあうことで得られる回転バランスの良さや、シリンダーを横に寝かすことで天地・前後方向を短く構成でき、低重心・コンパクト化がはかりやすいなど、直列やV型よりも物理的に有利とされる点が多い。



そのため回転がスムースで高回転域での振動が少なく、バランサーは不要。アクセルを踏み込んだときの回転フィールが心地よく感じられる。また、クルマの構成パーツのなかでもっとも重いエンジンの重心が低いことは、操縦性にも良い影響を与える。この要素はクルマのスポーツ性や運動性能の高さに直結するので、クルマ好き、運転好きのユーザーから強く支持されてきた。



【スバルがこだわる水平対向エンジン!】そんなにいいならな...の画像はこちら >>



しかし、物理的に優れる面が多い一方で、難点もまた多い。まず、シリンダーヘッドを2つ必要とするので、直列型と比べて部品点数が多くなりコストが高くつく。そのため、廉価なクルマに搭載すると利益を圧迫、またはエンジン以外のどこかのコストを落とさないと価格面での競争力が保てない。これはV型にも言える難点だ。


この記事の画像

「【スバルがこだわる水平対向エンジン!】そんなにいいならなぜ他メーカーは採用しないのか」の画像1 「【スバルがこだわる水平対向エンジン!】そんなにいいならなぜ他メーカーは採用しないのか」の画像2 「【スバルがこだわる水平対向エンジン!】そんなにいいならなぜ他メーカーは採用しないのか」の画像3 「【スバルがこだわる水平対向エンジン!】そんなにいいならなぜ他メーカーは採用しないのか」の画像4
「【スバルがこだわる水平対向エンジン!】そんなにいいならなぜ他メーカーは採用しないのか」の画像5 「【スバルがこだわる水平対向エンジン!】そんなにいいならなぜ他メーカーは採用しないのか」の画像6

当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スバル」に関する記事

「スバル」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スバル」の記事

次に読みたい「スバル」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月15日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。