【単なる顔違いじゃない!】見た目やメーカーだけで選ぶべからずのダイハツ・ロッキー&トヨタ・ライズの違い

ライズXはベーシックだがロッキーXは中級グレード

2019年11月に発売されたコンパクトSUVのダイハツ・ロッキー&トヨタ・ライズが堅調に売れている。開発と生産はダイハツが行うからライズはOEM車だが、トヨタの全店(約4900店舗)が扱うこともあり、販売ランキングの上位に食い込んだ。ロッキーもダイハツが扱う小型車では珍しく、CMを活発に放送しており、中堅水準の売れ行きとなった。



【単なる顔違いじゃない!】見た目やメーカーだけで選ぶべからずのダイハツ・ロッキー&トヨタ・ライズの違い



そこで購入を考えると、悩ましいのがロッキーとライズの選択だ。基本的には同じクルマだが、装備の一部と価格が異なる。とくにわかりにくいのは、両車が同じグレード名を採用しながら、グレードの位置付けと価格が違うことだろう。装備と価格が似ているグレード同士を組み合わせると、以下のようになる。



ロッキー&ライズのグレード構成(価格は4WD)



・ベーシック:ロッキーL(194万4800円)&ライズX・S(198万4800円)



・中級:ロッキーX(208万6700円)&ライズG(213万3700円)



・上級:ロッキーG(222万4200円)&ライズZ(228万2200円)



XやGという同じグレード名を使っても、ライズXはベーシックでロッキーXは中級になる。ライズGは中級で、ロッキーGは上級に位置するのだ。OEM車の場合、価格やグレード名は供給を受ける側が決める。互いに干渉しないから上記のようになっても構わないが、ユーザーから見るとロッキーとライズを比べにくい。


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「【単なる顔違いじゃない!】見た目やメーカーだけで選ぶべからずのダイハツ・ロッキー&トヨタ・ライズの違い」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    発売前にやたら持ち上げられる車ほど、いざ蓋を開けてみたら実は大したことなかったりするんです。何処からか金目のモノでも受け取り記事にしてる、訳の分からん自動車評論家とかの意見など参考にもならないので。

    2
  • 匿名さん 通報

    たしかにトヨタ・ダイハツで違いがあるかもしれないが、共通するのはブームに乗っただけのダイハツ製のクソつまらん車って事。

    1
  • 匿名さん 通報

    自動車評論家気取りのコメばかりで草

    0
  • 匿名さん 通報

    全く面白みはないが5ナンバー作れんじゃん。海外部品在庫処分で3しか作れないって言い張ってるだけ

    0
  • 匿名さん 通報

    黙ってても江崎グリコのポッキーの方が売れるから。近い将来、OEMは廃止になると言われてる。OEMはブランド物に例えるなら偽物。ダイハツトヨタ以外のOEMはメリットなし。他車でOEMを買うなら本家一択。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュース

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月9日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。