比肩なきデザインを成功させた理由とは? 開発者が明かしたマツダCX-30の秘密【大阪オートメッセ2020】

CX-30はデザインと室内空間の両立がテーマとなった!

2020年2月14日(金)より16日(日)までインテックス大阪で開催された「第24回大阪オートメッセ2020」で、3号館にブースを構えたマツダ。そのメインステージではCX-30の純正アクセサリーパッケージ「シグネチャースタイル」が展示されるとともに、CX-30の開発を指揮した佐賀尚人主査と柳澤亮チーフデザイナーによる開発者トークショーが行われた。そのなかで明かされた、新たな開発秘話とは……?



マツダ製SUVのルーツと言える「プロシードマービー」はトラックと同様のフレーム構造で作られていたが、それが「トリビュート」からはモノコック構造のボディとなり、初めて「CX」の名を冠した「CX-7」は都会でも似合うクロスオーバーデザインを採用し、乗り心地や使い勝手、走行性能も乗用車と遜色ないものに。そして初代「CX-5」がマツダ復興の契機となり、「CX-3」が数々のデザイン賞を受賞するなど、SUVが急激に進化した歴史を振り返った。



比肩なきデザインを成功させた理由とは? 開発者が明かしたマツダCX-30の秘密【大阪オートメッセ2020】



そして直近のCX-30では、「お客様の人生や価値観に広がりを提供するクロスオーバー」が開発コンセプトとされ、「全然SUVっぽくないが、新しいファミリーカーとしてのポテンシャルを表現したい」(佐賀主査)という想いで開発したと述べている。



また、CX-30と同クラスのSUVに対するユーザーの満足度を調査したところ、デザインへの満足度と室内空間への満足度が二律背反の関係にあったことに着目。CX-30ではデザインと室内空間の両立がテーマになったことを語り、内部資料である開発初期のパッケージング図面を公開した。


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スバル」のニュース

次に読みたい関連記事「スバル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュース

次に読みたい関連記事「スズキ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。