「バカ売れ」車種が「初心者」には運転しづらい? スーパーハイト軽自動車の「弱点」とは

       

運転に不慣れな人には注意が必要なポイントも

もはや全車種のなかでいちばん売れているホンダN-BOXをはじめ、絶好調の勢いが衰えを知らないスーパーハイトワゴン軽。背が高いから室内は広々だし、両側スライドドアで乗り降りもラクだし、安全装備もコンパクトカー並みかそれ以上の充実ぶりだし、これ1台あれば文句なしの存在感ですよね。



ただ、あえて弱点を挙げるとすれば、軽自動車のなかでは燃費があまりよくないことと、初心者など運転に不慣れな人からすると、ちょっと注意が必要な点があるところでしょうか。なので今回は、スーパーハイトワゴン軽を運転する時にどこに気をつかたらいいのか、そのポイントをご紹介したいと思います。



まずは、小柄な女性やぽっちゃりさんはとくにそうなのですが、適切な運転ポジションがやや取りにくいという点です。スーパーハイトワゴン軽は、室内空間を最大限に広げるために、エンジンなどのメカニズムをギュッと凝縮してボンネットの下に詰め込んでいますので、ボディの先端がストンと落ちたように短くなっています。なので、今までボディ先端が運転席から見えるクルマの運転に慣れてきた人にとっては、先端を見ようとするとシートをできるだけ前に、高さもめいっぱい上げようとしてしまいます。



「バカ売れ」車種が「初心者」には運転しづらい? スーパーハイト軽自動車の「弱点」とは



すると、今度はフロントガラスがすぐ目の前に迫ってくるので、ちょっと圧迫感が生まれてきたり、ハンドルにお腹が当たってしまうことがあります。そこで、少しシートを下げると、視界が見えにくような気がしてしまう……というように、堂々巡りでなかなかコレという運転ポジションが決まらない場合があるのです。男性の場合も、いつもどおりのシートポジションにすると、ボディ先端が見えにくいなぁと感じるかもしれません。ですがスーパーハイトワゴン軽の場合は、ボディ先端ではなく、ボンネットの両端が少し確認できていれば車両感覚はつかみやすいと思いますので、圧迫感を感じない程度にポジションを調整をして欲しいと思います。


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「バカ売れ」車種が「初心者」には運転しづらい? スーパーハイト軽自動車の「弱点」とは」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    出来ればナビや後方支援などの最新技術と言われてるクソ機能のついていない車でしっかり勉強してから(初心者マークがとれる程度ぐらい?)新車などを買えば周りに気が利く良い運転が出来るようになると思う。

    4
  • 匿名さん 通報

    運転に不向きな人もいるから、猫も杓子も取らせないで適性検査で落とすべじゃないか?ペーパードライバーに再教育システムを導入するべきじゃない?

    1
  • 匿名さん 通報

    トヨタを避ければ間違いない

    0
  • 匿名さん 通報

    基本性能がダメでサポートに頼らねばならないバカ車。

    0
  • 匿名さん 通報

    零戦思考の車。非力なエンジンに薄っぺらい車体。普通車と正面衝突したら命失うよ。

    0
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月6日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。