新型レクサスLS発売! 洗練された内外装と進化した運動性能でフラッグシップらしさを徹底追及

新型レクサスLS発売! 洗練された内外装と進化した運動性能でフラッグシップらしさを徹底追及
       

内外装に磨きをかけて静粛性と乗り心地も追求

レクサスは、フラッグシップセダンであるLSの改良モデルを発表。11月19日より発売を開始した。なお、後述する最先端の高度運転支援技術「アドバンスド・ドライブ」搭載モデルは、2021年の発売を予定している。メーカー希望小売価格(税込み)は、LS500が1073万円~1580万円、LS500hが1219万円~1728万円。



現行LSは、2017年にフルモデルチェンジ。5代目となり、クーペライクなスタイリッシュさを与えられ、走りも磨き上げたモデルとして支持されている。今回の改良では、上質な走りを深化させ、基本である静粛性と乗り心地をとことん追求した。



新型レクサスLS発売! 洗練された内外装と進化した運動性能...の画像はこちら >>



具体的にはタイヤの内部構造からシートに座ったときの質感、日常での加速レスポンスなど、静粛性や乗り心地に関わる箇所を細部にまでこだわり作り込んでいる。パワートレインは、3.5リッターV6ツインターボエンジンに手を加えており、使用頻度の多い走行領域にてエンジントルクの立ち上がりを向上。電動駆動制御のウエイストゲートバルブのバルブ開度制御を緻密化。アクセル操作に対して発生するエンジントルク精度を高めることで、車両の加速レスポンスを向上させた。トランスミッションはシフトスケジュールを変更。ギヤを変速せずそのまま加速できる領域を拡大することで、不要なシフトダウンを減らした。



新型レクサスLS発売! 洗練された内外装と進化した運動性能でフラッグシップらしさを徹底追及



また、燃焼室形状を最適化させることで燃焼効率を向上。これにより、出力はもちろん燃費や静粛性も向上している。コンロッド形状の最適化、クランクシャフトピン径の拡大により、軽量化と燃費性能を向上させている。また、可変バルブタイミング機構(VVT)を油圧制御化して軽量化。オイルコントロールバルブをVVT内部に配置するセンタースプール構造として油路を短縮。応答性を向上させた。


当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「レクサス」に関する記事

「レクサス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「レクサス」の記事

次に読みたい「レクサス」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月23日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。