輸入車の維持費は国産車より高い? 長年の「金食い虫説」に結論!

輸入車の維持費は国産車より高い? 長年の「金食い虫説」に結論!
       

車種によっては国産車よりも安いケースも

輸入車が欲しいというと、「維持費がかかるんじゃないの」とアドバイス(?)をしてくれるクルマ好きの先輩というのは少なくない。たしかにメンテナンスに用いる部品のひとつひとつも輸入品であれば、その価格に輸送費のコストが載ってくるというのは資本主義経済的には避けられないことであるし、また輸入車ディーラーはそもそも富裕層相手のビジネススタイルだったこともあって、整備の時間工賃も高く設定されている傾向があるというのも事実だろう。



輸入車の維持費は国産車より高い? 長年の「金食い虫説」に...の画像はこちら >>



とはいえ、少なくとも昨今の輸入車を新車で購入するというのであれば、維持費的な意味でのメンテナンスコストについては無視して構わない。なぜなら、多くの輸入ブランドにおいて新車から3年間の無償メンテナンスが新車価格に含まれていることが増えているからだ。



たとえば、BMW全車に標準装備されている「BMWサービス・インクルーシブ」の場合、新車購入時から最初の車検までの3年間におけるエンジンオイル/フィルター、スパークプラグ、ブレーキフルード、エアコンフィルター、ワイパーブレード、エアクリーナエレメントなどの交換メニュー、さらに法定定期点検などが含まれている。



同様のサービスは、メルセデス・ベンツであれば「メルセデス・ケア」と呼ばれているし、ジープでも同様のサービスがあり、輸入車においてはけっして珍しいものではない。輸入車というと新車価格が割高に感じる面もあるが、じつは3年間のメンテナンスコスト込みでの販売価格だったりすることが増えている。


当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月25日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。