日本を支える「軽自動車」が危機! 純ガソリン車の販売禁止がもたらす「想像以上」のダメージ

日本を支える「軽自動車」が危機! 純ガソリン車の販売禁止がもたらす「想像以上」のダメージ
拡大する(全3枚)

軽自動車の電動化モデルはまだまだ少ない

HEV(ハイブリッド)ではラインアップも多い日本車だが、これがPHEV(プラグインハイブリッド)やBEV(純電気自動車)となると、市販車レベルでは欧米メーカーに比べて完全な出遅れ感は否めない状況となっている。



そのような自国の自動車産業の状態のなか、政府は突如、業界への根回しもせずに2030年代前半までに、HEV、PHEV、BEV、FCHV以外の販売を禁止する方向でいることを表明した。10年ほどで国産自動車メーカーにおけるPHEV、BEV、FCHVのラインアップが、いまの純ガソリンエンジン車並みに充実するのだろうか? 世界の潮流では2030年代中盤あたりからは、HEVすら販売禁止とする国が目立ってきそうだとも言われており、政府が出遅れたなかで電動車普及を進めようとするのならば、HEVを電動車から除外するぐらいの姿勢を見せる必要もありそうだが、現状でHEVをはずすのは難しそうに見える。



日本を支える「軽自動車」が危機! 純ガソリン車の販売禁止...の画像はこちら >>



地球環境だけを考えたとしても、単純に電動車を増やせばいいという話ではない。HEV以外の電動車も増やしたいならば、現状の電力供給インフラの見直しに始まり、本格的に電動車に対応した法定点検の在り方なども含む法整備など、クルマにまつわる広範囲なことについての見直しも必要となるだろう。国の重要基幹産業である自動車はすそ野の広い産業であるし、従事者もかなりの数にのぼる。そのような産業はいまもって内燃機関ありきで動いている。自動車業界は“100年に一度の大変革期”と言っているのに、日本の政府や政治家のみなさんは、そのような自動車業界の世界的な“変革期”を軽んじて見ているように感じてならない。


この記事の画像

「日本を支える「軽自動車」が危機! 純ガソリン車の販売禁止がもたらす「想像以上」のダメージ」の画像1 「日本を支える「軽自動車」が危機! 純ガソリン車の販売禁止がもたらす「想像以上」のダメージ」の画像2 「日本を支える「軽自動車」が危機! 純ガソリン車の販売禁止がもたらす「想像以上」のダメージ」の画像3

当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月11日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。