オーナーが本音で語る! セカンドカーなしの「電気自動車1台」でコト足りるのか?

オーナーが本音で語る! セカンドカーなしの「電気自動車1台」でコト足りるのか?

日常使いであれば航続距離も不安がないレベルにまで向上している

ここへきて多くのメーカーからリリースが相次いでいる電気自動車。日本でも純ガソリン車の販売を規制する動きが出てきており、にわかに注目が集まっているジャンルといえる。



脱ガソリン車といってもハイブリッド車も電動車に含まれるため、いきなりすべての車両が電気自動車になるというわけではないものの、実際のところ電気自動車1台でカーライフを送ることができるのだろうか?



オーナーが本音で語る! セカンドカーなしの「電気自動車1...の画像はこちら >>



たとえば日本ではもっともポピュラーな電気自動車として挙げることができる日産リーフ。62kWhの大容量バッテリーを搭載したグレードでも、国からの補助金を考慮すると車両本体価格は300万円台から狙うことができ、40kWhバッテリー搭載モデルのベースグレードであれば、補助金込で200万円台まで価格も下がるため、決して高嶺の花というわけでもなくなってきている。



電気自動車としてネックとなる航続距離も、40Kwhモデルで322km、62kWhモデルでは458km(共にWLTCモードの数値)となるため、日常使いであればもはや不満も不安もないレベルといえるだろう。



オーナーが本音で語る! セカンドカーなしの「電気自動車1台」でコト足りるのか?



しかし、この数値は当然ながら満充電での航続距離ということになるので、充電環境によって電気自動車1台でカーライフが送れるかどうかは大きく異なってくる。



自宅に充電環境があればより使いやすい一台となる

たとえば自宅で充電ができる場合であれば、バッテリーの残量警告灯が点灯した状態(おおよそ残り10%を切った状態)から満充電まで、62kWhモデルで12.5時間(6kW普通充電の場合)となる。平日の通勤や買い物のみの使用でバッテリー残量が10%を切るほど走行することは少ないと思うので、ほとんどの場合、自宅駐車場で充電をしておけば翌朝には満充電になっているハズだ。


当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日産自動車」に関する記事

「日産自動車」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日産自動車」の記事

次に読みたい「日産自動車」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月15日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。