名前は残っても中身は……日産異例のコメント「スカイラインを諦めません」に日本のファンが安心できないワケ

名前は残っても中身は……日産異例のコメント「スカイラインを諦めません」に日本のファンが安心できないワケ
拡大する(全10枚)

「スカイライン」という名前だけが残る可能性も!

日産の伝統的モデル「スカイライン」が揺れている。日本経済新聞が「次期スカイラインの開発中止」を報じると、それを受けて日産の星野朝子副社長はノートオーラの発表会において「日産はスカイラインを諦めません」と応じるなど、注目を集めている。



名前は残っても中身は……日産異例のコメント「スカイラインを諦...の画像はこちら >>



そもそも、スカイラインというのは1957年に誕生している。現在の日産車のなかではもっとも歴史あるモデルである。しかしながら日本専売モデルであるのも事実で、スカイラインのブランド価値は日本ローカルでの話だ。



実際、現在のスカイラインも海外では日産のプレミアムブランド「インフィニティ」のラインアップとして「Q50」という名前で売られている。日本でインフィニティ・ブランドを展開していないため、日本独自の名前を与える必要があり、そこでスカイラインという名前が選ばれたに過ぎないともいえる。そもそもスカイライン単独しての車両開発などはされておらず、インフィニティモデルの日本ローカライズがスカイラインの開発といえるのが実情といえる。



名前は残っても中身は……日産異例のコメント「スカイラインを諦めません」に日本のファンが安心できないワケ



そうした背景を考えると、日産の星野副社長が「スカイラインを諦めません」と発言したことは、今後もなんらかのインフィニティモデルを日本で売る際に、スカイラインという車名を利用する可能性があるという話と理解するのが妥当だ。そうであれば、次期スカイラインが4ドアセダンであるとは限らない。SUVになる可能性も否定できないのだ。


この記事の画像

「名前は残っても中身は……日産異例のコメント「スカイラインを諦めません」に日本のファンが安心できないワケ」の画像1 「名前は残っても中身は……日産異例のコメント「スカイラインを諦めません」に日本のファンが安心できないワケ」の画像2 「名前は残っても中身は……日産異例のコメント「スカイラインを諦めません」に日本のファンが安心できないワケ」の画像3 「名前は残っても中身は……日産異例のコメント「スカイラインを諦めません」に日本のファンが安心できないワケ」の画像4
「名前は残っても中身は……日産異例のコメント「スカイラインを諦めません」に日本のファンが安心できないワケ」の画像5 「名前は残っても中身は……日産異例のコメント「スカイラインを諦めません」に日本のファンが安心できないワケ」の画像6 「名前は残っても中身は……日産異例のコメント「スカイラインを諦めません」に日本のファンが安心できないワケ」の画像7 「名前は残っても中身は……日産異例のコメント「スカイラインを諦めません」に日本のファンが安心できないワケ」の画像8
「名前は残っても中身は……日産異例のコメント「スカイラインを諦めません」に日本のファンが安心できないワケ」の画像9 「名前は残っても中身は……日産異例のコメント「スカイラインを諦めません」に日本のファンが安心できないワケ」の画像10
編集部おすすめ

当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日産自動車」に関する記事

「日産自動車」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日産自動車」の記事

次に読みたい「日産自動車」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク