シビックの受賞理由は"防弾性"!? 日本も韓国もベンチャーEVも入り乱れる北米カーオブザイヤーが面白すぎる
拡大する(全7枚)

この記事をまとめると
■北米カー・オブ・ザ・イヤーの各部門のファイナリストの顔ぶれがおもしろい



■3部門3モデルからなるファイナリストに3台の韓国車と4台のEVが残っていた



■北米カー・オブ・ザ・イヤー乗用車部門の対象に輝いたのはホンダ・シビックだった



バラエティに富む北米カー・オブ・ザ・イヤーのファイナリスト

昨年12月10日、2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤーの発表が行われた。見事その栄誉に輝いたのは、日産ノート/ノート・オーラ/ノート・オーラ・ニスモ/ノート・オーテック・クロスオーバーのを擁するノートシリーズだった。授賞理由のなかには、走りの質が大幅に向上した新開発プラットフォームと、第2世代e-POWERの組み合わせで従来のコンパクトカーの概念を大きく変えたとある。



一方、アメリカとカナダによる北米カー・オブ・ザ・イヤーは、パッセンジャーカー、トラック、そしてユーティリティビークルの3部門のそれぞれで受賞者が決まるシステムだが、今年はそのラインアップもなかなか興味深いものだった。



参考までにトラック・オブ・ザ・イヤーに輝いたのはフォード・マーベリック、ユーティリティビークル・オブ・ザ・イヤーはフォード・ブロンコが受賞している。



シビックの受賞理由は"防弾性"!? 日本も韓国もベンチャーE...の画像はこちら >>



前者は新興メーカーのリビアンが2021年に市場に投入したBEV(フル・エレクトリック)のR1T、そしてクロスオーバーをベースとしたスモールトラックのヒョンデ・サンタクルーズとの戦い。


この記事の画像

「シビックの受賞理由は"防弾性"!? 日本も韓国もベンチャーEVも入り乱れる北米カーオブザイヤーが面白すぎる」の画像1 「シビックの受賞理由は"防弾性"!? 日本も韓国もベンチャーEVも入り乱れる北米カーオブザイヤーが面白すぎる」の画像2 「シビックの受賞理由は"防弾性"!? 日本も韓国もベンチャーEVも入り乱れる北米カーオブザイヤーが面白すぎる」の画像3 「シビックの受賞理由は"防弾性"!? 日本も韓国もベンチャーEVも入り乱れる北米カーオブザイヤーが面白すぎる」の画像4
「シビックの受賞理由は"防弾性"!? 日本も韓国もベンチャーEVも入り乱れる北米カーオブザイヤーが面白すぎる」の画像5 「シビックの受賞理由は"防弾性"!? 日本も韓国もベンチャーEVも入り乱れる北米カーオブザイヤーが面白すぎる」の画像6 「シビックの受賞理由は"防弾性"!? 日本も韓国もベンチャーEVも入り乱れる北米カーオブザイヤーが面白すぎる」の画像7