「とりあえず冷凍庫入れとくか」を卒業したい。プロが教える“仕込み術これだけは”

手抜き、時短、外食、外注……。料理する人の負担を軽くするようなハックやサービスはあふれているものの、「身体にいいものを食べたい」「経済的なことを考えると自分で作ったほうがいい」と考えると、なかなか切り離せない“料理”。どうせやるのならば、おいしいものを食べたいですよね。

2019年3月に『仕込みと仕上げ合わせて最短10分! 帰りが遅くてもかんたん仕込みですぐごはん』(世界文化社、以下『かんたん仕込みですぐごはん』)を上梓した料理研究家の上田淳子(うえだ・じゅんこ)さんに、料理する人の憂うつな気持ちを晴らすヒントになる“仕込みメソッド”について話を聞きました。

第2回の今回は、具体的な仕込み術を教えていただきました。

「とりあえず冷凍庫入れとくか」を卒業したい。プロが教える“仕込み術これだけは”

仕込みするなら、カット野菜と下味つきのタンパク質

——ではさっそく、上田さんおすすめの仕込み術を教えてください。どんな仕込みをしておけば、簡単に自炊のバリエーションが増やせますか?

上田淳子さん(以下、上田):これだけはと思うのは、野菜をカットしておくことと、お肉に下味をつけておくことです。

例えば、じゃがいもやにんじんは皮をむいて、適当な大きさに切る。きのこはいしづきをとって、ばらしておく。葉野菜を洗ってカットする……。皮をむける野菜や洗える野菜は、とりあえずそこまで処理しておくといいですね。それらをポリ袋に入れておくんです。いわゆる「ミールキット」として届くような状態にしておけば、いろんな料理に使えます。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ウートピの記事をもっと見る 2019年5月26日の女性コラム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。