江角マキコ芸能界を電撃引退!表向きの理由は「子育て」も、止まらない“黒い噂”

江角マキコ芸能界を電撃引退!表向きの理由は「子育て」も、止まらない“黒い噂”

2017年1月23日、女優やタレントとして活躍していた江角マキコ(50)が芸能界の引退を発表した。世間からは驚きの声が上がるとともに、不倫疑惑や落書き騒動など、江角をとりまく様々な“黒い噂”が再熱している。「アネゴキャラ」で人気を博した彼女が、表舞台から姿を消すこととなった理由をまとめてみた。

江角マキコ、突然の引退宣言!

女優の江角マキコが1月23日、突然の芸能界引退を宣言した。

江角マキコといえば、元バレーボール選手として活躍し、長身を生かしてモデルとして芸能界入り。映画『幻の女』で主演女優デビューした後は、ドラマ『ショムニ』(フジテレビ系)が大ヒットし一躍スターダムに。ドラマや映画、CMだけではなく、『グータンヌーボ』、『生ホンネトークバラエティ バイキング』(共にフジテレビ系)などのバラエティ番組にも出演するなど活躍していた。

今回、突如江角の代理人からメディアに送られてきたファックスには、

「芸能活動を引退させていただく所存であることは事実です」

「子供の誕生も成長も、仕事をしながら歩んで参りましたので、今は一度立ち止まり、子供達のために、今私にしかできないことを選択し専念する時期だと考え、このような決断に至りました」

と、子どもたちのために引退を決意したことが綴られていた。様々な活躍を見せていた江角の突然の引退宣言だけに驚いた人も多いようだ。








子供のために?芸能界引退する江角マキコの”苦しい言い訳”

不倫疑惑も浮上 本人は否定も、夫婦仲の悪さが関係か?

しかしながら、実は引退宣言翌日の24日に発売される週刊誌「女性自身」(光文社)で江角の不倫疑惑が報道されることになっていたため、FAXには該当の記事に対するコメントも多数含まれていた。

「女性自身」が報道したところによると、江角マキコは2016年12月に都内のマンションの一室で、男性と2人っきりで6時間以上もこもっていた。しかもその相手の男性は、2016年の8月に布袋寅康やGACKTなど、複数の有名人が出資者に名を連ねた巨額投資詐欺事件に関連して逮捕された人物だという。

江角マキコは過去に詐欺事件の被害に遭っており、密会していた相手はその詐欺事件の関係者だと言われている。これに関して江角側は、

「相手とされている方とは、投資金の返金交渉の相手方として、交渉のためお会いしているのであって、不倫関係などには断じてございません」

と、会っていたことは認めたものの、不倫関係については全否定した。また、夫との別居についても事実であると認めた上で、

「あくまで双方の仕事や生活スタイル上の便宜のためであり、夫婦関係が悪化したという理由ではありませんし、離婚の予定も全くありません」

と、離婚の可能性についても否定した。

江角の現在の夫・平野眞はテレビ局のディレクターを務めており、江角の代表作となった『ショムニ』の演出や、人気ドラマ『HERO』(フジテレビ系)などを手掛けてきた人物。働く時間が不規則なことも多いテレビ局の第一線で働いていることを考慮に入れれば、別居生活もさしておかしいことのようには思えない。

しかし、江角の不倫疑惑に関して『女性自身』が平野にインタビューすると、江角がマンションで会っていた男性を“相手の男”と呼んで、存在を知っていたことを告白。そして「子どものことがあるので…」と、歯切れの悪い答え方をしていたことが伝えられている。

江角マキコは離婚を完全に否定しているようだが、夫の対応の仕方や、不倫記事が発売となる直前に突然の引退宣言を行うなどの行動から、子どものために芸能界を引退という理由に疑問を持つ意見も上がっている。






江角マキコ、不倫疑惑の男性と“子連れデート”のウワサ! 近隣住民が“異様な光景”を目撃?
江角マキコのマネジャーが、音信不通に! 不倫疑惑否定も「マスコミから逃走」の異常事態
江角マキコ『ショムニ』は永久お蔵入り! 詐欺師との不倫疑惑で「フジテレビの黒歴史」に
江角マキコ、不倫疑惑からの引退宣言に「卑怯な逃げ方」! フジ社員の夫に同情の声も

長嶋一茂宅への”嫌がらせ落書き”騒動後、江角マキコの仕事が激減か

今回の引退騒動で再び注目を浴びているのが、長嶋一茂宅への“落書き事件”。

2014年8月に発覚した事件で、元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂の自宅に「バカ息子」や「アホ」などという落書きがされているのが発見された。

この落書きは、江角が当時のマネージャーに指示をしたとの一部報道が。なんでも、江角マキコと長嶋一茂の子どもが同じ学校に通っており、江角と長嶋の妻の間で“ママ友バトル”が繰り広げられていたことから、嫌がらせで落書きをしたと見られていた。

結局は江角のマネージャーが独断で行ったということで、江角も落書きへの関与を否定。しかしマイナスイメージが定着してしまったのか、それ以降仕事が徐々に減っていったよう。

『バイキング』や『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)などのレギュラー番組から降板となり、『私の何がイケないの?』(TBS系)は番組終了。その後はメディアへの露出が極端に少なくなっていた。

共演者の高橋克実が、『ショムニ』の集まりに江角が参加しなくなったというのもやはり2年前。もしかしたら、落書き事件での好感度ダウンが引退決意の原因の1つかもしれない。




江角マキコ、テレビから消えたのは“落書き”でなく「自分から出るのをやめた」!?
実は陰湿だった江角マキコ!? 落書き事件で女性ファンも失う?
結局は“灰色決着”だった江角マキコの“落書き騒動”

引退を聞いた芸能人たちの反応は?

江角マキコは映画やドラマ、バラエティ番組、CMなど様々な所で活躍していたため、同じ芸能人からの反響も多く上がった。

レギュラー番組で共演したこともあるというお笑い芸人の近藤春菜は、24日の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演しコメント。プライベートでの交流のなかで、育児や子どもとの時間を大切にしたいという想いを聞いたことがあり、「突然の引退っていう感じはしなかった」と明かした。

同じく24日に放送された『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)では、『ショムニ』で江角マキコと共演を果たした高橋克実が、江角に関する状況を告白した。

『ショムニ』シリーズの出演者たちは家族ぐるみで付き合うほどの仲の良さで、毎年2002年に亡くなられた俳優・伊藤俊人氏の命日には集まっていたという。しかし、ここ2年ほどはこの集まりに江角が参加していなかったことを明かし、「何かがあったんだろうな」と江角のことを心配する様子を見せた。

一方で、23日に放送された『バラいろダンディ』(TOKYO MX系)で女優の遠野なぎこは、「江角さんっていろいろダサいですよね」とお得意の毒舌を軽快に披露。

「仕事なくなったからもう引退っていうだけなんじゃないの?」と引退理由を予想し、さらに仕事かプライベートで確執でもあったのか、「あんなにいばってたくせに」とコメント。「好きか嫌いかで言えばどっち?」と質問されると「嫌いです」と即答。少なくとも遠野は江角の引退を悲しんではいないようだ。

「もう叩いちゃっていいから!」各事務所の“お墨付き”で、江角マキコのスキャンダル報道が止まらない!?
もはや芸能界に居場所がなかった江角マキコ

\ みんなに教えてあげよう! /