巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

日本で最高級の線香花火“ひかりなでしこ”

このエントリーをはてなブックマークに追加

贈答品でも喜ばれること間違いなしの「ひかりなでしこ」。最高級線香花火の美しさをぜひ

秋の夜長が妙にせつない今日この頃。月見にしてはもう時期はずれ、ただただひとり酒を飲み、不健康な生活には眩しすぎる朝日を浴びて眠りにつく……そんな極悪スケジュールの筆者にとって有意義な夜の過ごし方はちょっとしたテーマ。そんな中、友人からこんな話が……。「ひかりなでしこって線香花火知ってる?」線香花火? 花火は夏でしょ、とものすごく季節感の無さを感じてしまうが、この花火、季節うんぬんを吹き飛ばす日本最高級のものらしい。ということで、「ひかりなでしこ」を製造するやまと花火さんにお話を聞いてみた。

いきなりだがこの「ひかりなでしこ」、驚くことに3〜4カ月待ちは当たり前、中には4年〜5年待ちの方もいるほどの商品とのこと。手に入るまでに花火シーズンが終わってしまいそうだ。果たしてなぜにそこまで人気があるのだろうか?

この花火の特徴、それはなんといっても他の線香花火では絶対に不可能な大きな火花。その大きさはなんと直径60cm前後にまでなるというから驚きである。間違いなく日本一大きな火花が出る線香花火であり、日本一美しい線香花火なのだ。この火花の美しさを求め、日本全国から多くの注文が入り、予約待ちが殺到するとか。今では冠婚葬祭の贈答品やお中元・お歳暮としてまで使われるようになっているそう。贈り物に線香花火、なんか粋な感じがします。

もともとこの花火「昔の花火は火花が大きかったよね」と言うお客さんに答える為に開発したそう。全てが手作業の為、一日一人で300本作れればいいほう。さらに製造に携わる人数は二人の為、一日で作れる量も限られる。まさに量数限定、こだわりを持つ花火職人だけが成せる技と言えるだろう。

お値段は、35本セットで5250円。12本セットで2625円。贅沢な桐箱に納められ、まさに最高級の雰囲気を醸しだしています。冬を目前に、最高級線香花火で楽しむ小粋な夜。目の前に広がる大きな火花が極上の癒しを与えてくれることでしょう。
ご注文したい方は、ぜひFAXにてどうぞ(現在、ホームページは準備中だそうです)。
(木南広明)

(有)やまと花火
電話:0279-54-3107
FAX:0279-54-8523
関連キーワード

2006年11月15日 00時00分

注目の商品