巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

来年から祝日がちょこっと変わる!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

(上)4月29日が「みどりの日」→「昭和の日」となり、(下)5月4日が「みどりの日」へと

今年もあと2カ月あまりとなり来年のカレンダーや手帳も店頭に並ぶ季節となった。
ところで、来年から祝日がちょっと変わるのをご存知だろうか。
といっても実質的に休日の日数が増えるわけではなくて、名称が変わるだけですが。
2007(平成19)年から名称が変わるのは4月29日と5月4日。平成18年の今年は4月29日は「みどりの日」となっているが、来年からはこの日は「昭和の日」となり、5月4日が「みどりの日」になるのである。
5月4日はいわずと知れたゴールデンウィークの真っ只中で今では休日となっているが、この日は祝日ではないので名称はなかった。

そう、この日が休日となったのは1986年のこと。「日本人は働きすぎ。もっと休みましょう」ということで前後を憲法記念日と子どもの日にはさまれたこの日を休日にしたのだ。
で、この日が休みであることの正式な説明がまた、まだるっこしい。
それは、国民の祝日に関する法律に書かれているのだが、それによると、
第3条
1.「国民の祝日」は、休日とする。
2.「国民の祝日」が日曜日にあたるときは、その翌日を休日とする。
3. その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(日曜日にあたる日及び前項に規定する休日にあたる日を除く。)は、休日とする。
となっている。
そう、この3項が5月4日のことを指している。前後を祝日にはさまれた日は休日となりますよ、でもその日は日曜日の場合は振替休日はなしね、ということ。

でも平成17年に、国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律(平成17年法律第43号)が公布され、「国民の祝日」として、新たに「昭和の日」を加え、「みどりの日」を5月4日とすることに決まったのだ。それが施行されるのが平成19年からというわけ。
暦は国にとって大切なもの。祝日や休日はきちんと法律に基づいて定められているのだ。
ちなみにその祝日の意味もきちんと明文化されている。

元日(1月1日)年のはじめを祝う。
成人の日(1月の第2月曜日)おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。
建国記念の日(政令で定める日)建国をしのび、国を愛する心を養う。
春分の日(春分日) 自然をたたえ、生物をいつくしむ。
昭和の日(4月29日)激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。
憲法記念日(5月3日)日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。
みどりの日(5月4日)自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。
こどもの日(5月5日)こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。
海の日(7月の第3月曜日)海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。
敬老の日(9月の第3月曜日)多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。
秋分の日(秋分日)祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。
体育の日(10月の第2月曜日)スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。
文化の日(11月3日)自由と平和を愛し、文化をすすめる。
勤労感謝の日(11月23日)勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。
天皇誕生日(12月23日)天皇の誕生日を祝う。

改めて読んでみて「えっそんな意味もあったのね」と驚くものも。成人の日は「みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」とある。「みずから生き抜こうとする青年」というのを意識している人がどれだけいるか……。そして私が今まで全く気にしていなかったのが春分の日。春分の日と秋分の日はどちらもお彼岸なので、両日とも単に「祖先を敬う日」くらいの認識しかなかった。それが春分の日が「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日で秋分の日は「祖先をうやまう」日と別々の意味があったとは。そして、子どもの日。この日は母に感謝をする日でもあったんですねぇ。

ちなみに、建国記念の日の「政令で定める日」というのは2月11日のこと。もしかしたら憲法改正が行われれば記念日が変わる可能性があるということかもしれません。ちなみに春分の日、秋分の日については毎年2月1日(休日の場合は最初の月曜日)に国立天文台が翌年の暦要項として官報で公表している。平成19年は春分の日が3月21日、秋分の日が9月23日となっている。
(こや)

2006年10月25日 00時00分

注目の商品