今注目のアプリ、書籍をレビュー

うーわー。絶望してる。超絶望してる。「魔法少女まどか☆マギカ」の「figma 鹿目まどか」で遊ぼう!

2011年10月5日 11時00分

ライター情報:たまごまご

絶望顔がインパクト抜群の「figma 鹿目まどか」。自由度の高いfigmaに色々なポーズを取らせて遊びまくろう!(注・ギターはついていません)

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

「おっ、届いた届いた。アマゾンの箱がー」
「ん? 今度は何買ったの?」
「ふふふ。figma 鹿目まどかだぜ!」
「フィギュア? にしてはちょっと小さめの箱。というかfigmaってなに?」
「あ、そか、知らないんだっけ。figmaってのはマックスファクトリーから出ている、可動式フィギュアのシリーズだよ」
「ほうほう……えっ、現時点で120超えてる!? そんなに出てるの!?」
「うん。結構知ってるキャラいるでしょ」
初音ミクは知ってるし、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の高坂桐乃も知ってる。あ、『けいおん!』のキャラもみんな出てるんだねえ……えっ、ビリー・ヘリントンとかなんであるの!? 兄貴!?」
「な、なんであるんだろうね。ぼくもわからん」
マイケル・ジャクソンゴルゴ13まで……萌えだけじゃないのね……。にしたって可動式フィギュアって高いんじゃないの?」
「うん、普通はやっぱりパーツの数が多いし、原型を大量生産して色塗って組み立ててっていう生産ラインを作るのが大変だろうから、今までは高かったのは多かったよ。でもこのfigmaとあと海洋堂のリボルテックは安いねー。大体3000円前後くらい」
「へえ、フィギュアとしてはずいぶん安いのね? この前買ってた動かないフィギュアとか数千円以上してたもんね」
「まあ値段の仕組みとかはよくわかんないけど、figmaはお得感あるとぼくは思うなあ。開けてみよっか」
「うん。あ、小物がいっぱい入ってる……わー!キュゥべえ(※『まどか☆マギカ』に出てくる、白い謎の生き物。ファンの間では嫌われたり好かれたるしている)だー!かわいいー!」
「えっ、キュゥべえ好きなの?」
「かわいいじゃない!」
「えっ、まあ、うん、かわいいね」
「あ、グリーフシード(※魔女を倒すと出てきて、ソウルジェムを浄化するために必要なもの)までついてる。細かいなあ。弓も二種類ついてるし、矢も4本……これ4本持たせられるってことかなあ」
「多分そうだと思うよ。このfigmaシリーズの面白いところは、とにかく自由度が高いところなんだよね。手のサイズや、首や顔のジョイント部分がほぼすべて統一されてるから、差し替えて遊ぶこともできるし、他のキャラについていた小物を持たせることも可能なんだよ。まどかの弓矢を初音ミクに持たせる……なんてこともできる」
「へー、じゃあまどかが『けいおん!』の楽器を演奏することもできるんだねー」
田井中律のfigmaとかドラムセットまるまるついてるしね。

ライター情報

たまごまご

フリーライター。アニメ・マンガ系のムックを作ったり、雑誌連載したり、かわいい女の子の出てくるマンガを収集したりする、オーケン大好きな人。なぜかビジネス書も数冊出してます。アイマスは亜美派、艦これは那智派。
ツイッター/@tamagomago
ブログ/たまごまごごはん

注目の商品