90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

2

極楽とんぼ・ロンブーらも出演……芸人文化の転機になった「銀座七丁目劇場」とは?

2017年10月17日 11時00分

ライター情報:空町餡子

※写真はイメージです

[拡大写真]

いまやお笑い芸人のブレイクへのプロセスといえば、吉本NSC(吉本総合芸能学院)などの養成所に入門し、劇場での修行を経て、ライブやテレビなどへの出演……という方法が主流となった感もあるが、以前は師匠と弟子のような完全な徒弟制度によって成り立っていた。

そんな吉本NSCを創立したことでも知られ、大阪のお笑い代表格であった吉本興業が、初めて関東に劇場をオープンしたのが1994年のこと。それは、大阪のお笑いが東京に進出するきっかけとなった拠点「銀座七丁目劇場」だった。

極楽とんぼ、ロンブー、ココリコなどがしのぎを削って出演


「本当は東京、好きなんですわ」をキャッチコピーに開館した銀座七丁目劇場には、開館当時はそれまで大阪で大人気を博していた、ナインティナインや雨上がり決死隊などが所属した吉本印天然素材や心斎橋筋2丁目劇場の芸人たちが出演していた。
やがて、東京で力をつけてきていた極楽とんぼ、ロンドンブーツ1号2号、ペナルティ、ココリコなど、いまではTVでも人気の芸人たちが、大阪勢と入れ替わるように徐々に活躍していった。

劇場では看板芸人の発掘、育成を目的にした「お笑い虎の穴TOKYO」というシステムがあり、様々な芸人をピラミッド構造のランクで分けて、毎週オーディション形式で出演を決めていた。

ナインティナインによる公開生放送も?!


ちょうどその時期に、吉本印天然素材から単独活動をはじめ、飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を博していたナインティナインが東京進出してきたが、それにあわせ銀座七丁目劇場では彼らをMCにした公開生放送番組「銀BURA天国」(テレビ東京) が毎日放送されていた。

ライター情報: 空町餡子

フリーライター。恋愛・カルチャー・食べものなどジャンルを問わず執筆。スイーツとモー娘。が好きなアラサー女子。1児の母。

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    そういうあなたは韓等人への劣等感を隠せないみたいね〜

    1
  • 匿名さん 通報

    韓等人の書く記事には、隠し難い劣等感が漂っておりますな。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!