巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

スーパーのチラシを絵で緻密に再現 台湾出身アーティストの作品が話題

台湾出身のLEE KAN KYOさん(以下、リーさん)が描いたスーパーマーケットのチラシの作品が話題となっている。先日まで渋谷「ユトレヒト」で開催された個展「SUPER」も盛況だった。日本のスーパーのチラシのデザイン性に衝撃を受けたというリーさんは、なんとも味のある絵で、細かい部分まで絵で再現している。早速、リーさんに制作秘話などを伺った。



※実際のチラシの大きさの4倍くらいはあります




チャーハンは難しい


リーさんは、B4の大きさのイラストボードにマジックで描き、それをつなげて一枚の絵にする。
「下書きはせずに、チラシを見ながら描いていきます。大きな作品は、完成するのに1カ月かかります」


●沖縄のスーパーのチラシ
「偶然見つけたんですけど、チラシにたくさんの写真や文字が載せてあるところが、押入れに入っているような感じがして面白いと思ったんです。『朝市』の文字の形も好きなので描きました」
確かに日本のチラシはゴチャゴチャしているように見えて、それでいて読みやすい。日本のチラシはハイセンスで、よくできたデザインだとリーさんは感心する。

――台湾にはチラシはないんですか?
「あるけど、これだけたくさんのことが盛り込まれてはいなくて、もっとスカスカなんです(笑)」
チラシに描いてある通り、地図も描く。
「マップが描いてあると、『本当に実在する店なんだ』と思っていいでしょ(笑)」
リーさんのこだわりは値段の部分の赤色の塗り方にもある。
「値段の赤色は大事で、何度も塗っていくんです」


●お気に入りは日本酒
リーさんは日本酒のラベルのデザインが大好きだ。

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2015年6月24日 11時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!