巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

家庭用ソフトクリームメーカーはなぜ普及しないのか



暑い日に食べたくなるソフトクリームは、高速道路のパーキングエリアなど様々な場所で販売されていますが、業務用と同レベルの機能を備えた家庭用ソフトクリームメーカーは見かけません。
週2ペースでソフトクリームを食べる筆者が、ソフトクリームメーカーがなぜ家庭で普及しないのか、業界のパイオニアである日世(大阪府茨木市)のマーケティング部に取材しました。

日本に初めてソフトクリームを紹介した企業


――貴社の簡単な説明をお願いします。
日世株式会社は、ソフトクリームの総合メーカーで、ソフトクリーム液体原料(ミックス)、可食容器のコーン、ソフトクリーム製造機であるフリーザーを製造販売しています」

ソフトクリームメーカーのことをフリーザーと呼ぶのですね。

――貴社のホームページを拝見したところ、1951年7月にソフトクリームを初めて日本に紹介したと書いてありました。当時からソフトクリームメーカーはありましたか?

「1947年(昭和22年)に米国生まれの日系二世が『株式会社二世商会』を貿易会社として設立したのが当社の発祥です。太平洋戦争終戦直後で英語が話せる日本人が珍しい時代に、米国から様々な商品を輸入しており、ソフトクリームの原料、コーン、フリーザーも輸入品の一つでした。なお米国では1931年にソフトクリームフリーザーは発明されていました」

――そんな昔からソフトクリームがあったんですね! 日本に来たのはいつ頃なのでしょうか。
関連キーワード

ライター情報: ポンコつっこ

普段ははてなブログというサービスでブログを書いてます。よろけそうな心をそっと支え、クスっと笑みがこぼれるような記事を書くことがモットーです。

2016年8月14日 08時00分

「家庭用ソフトクリームメーカーはなぜ普及しないのか」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!