巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

7

チキンラーメンに卵を落として食べるのはいつから定番になったのか

2017年3月1日 07時50分 ライター情報:石原亜香利
日清食品のチキンラーメンといえば、自分で生卵を割り入れて食べるのが定番になっている。卵を乗せるくぼみがあり、卵を割り入れたときに、黄身と白身がずり落ちないよう、うまく収まるポケットすら設けられている。

ところで、この「チキンラーメン×卵」はいつ頃からはじまったのか、そして、チキンラーメンの麺と卵の相性の良さの理由、卵に代わる組み合わせ食材について、日清食品に聞いてみた。

「チキンラーメン×卵」は41年前には存在していた


(C)日清食品

日清食品からチキンラーメンが販売開始されたのは、昭和33年の夏。今から59年前のことだ。生卵を割り入れる食べ方は、いつ頃、世間に知れ渡ったのだろうか? 日清食品の担当者は、次のように答える。

「チキンラーメンのテレビCMで、初めて卵をのせたシズルを出したのは、昭和51年(1976年)に放送された『うぐいす姫 篇』が最初になります」

昭和51年となると、今から41年前。この頃から、世間にチキンラーメンと卵の組み合わせとビジュアルが知れ渡っていったようだ。

チキンラーメンと卵の相性の秘密は?


(C)日清食品

ところで、普段、とくに疑問にすら思わず、CMで見たままにチキンラーメンに卵を割り入れているが、そもそもチキンラーメンと卵とは相性が良いように思われる。果たして、どんな秘密があるのだろうか?

「チキンラーメンのおいしさの秘密である『国産チキン』を使用したスープが、卵との相性が良いことが一つ。さらに、スープの味の特徴である“ローストしたしょうゆの風味”という点も、ちょうど卵焼きに醤油をかけるのと同じ意味での、相性の良さにつながっているかと思います」

卵との相性の良さは、スープのチキン風味や醤油味とのマッチングにあったようだ。
関連キーワード

ライター情報: 石原亜香利

ウェブ・雑誌などで執筆するライター。美容・健康・ダイエットネタからビジネス・マネーネタまで、人が知りたい情報をとことん突き詰めてご提供中。

URL:http://akari-ishihara.hatenadiary.jp/

コメント 7

  • 匿名さん 通報

    外国だと腹壊すかもしれないが、日本の卵は管理されているので大丈夫。随分と日本を信用してない人もいるものだ。

    5
  • 子ども料理 通報

    半熟卵が好きなので熱湯に少しだけ煮立たせて器に入れる。移しかえる時に黄身がつぶれて「アーッ失敗」てよく叫んでたのも良い思い出

    4
  • 匿名さん 通報

    チキンラーメンと共にたまごを煮るといいぞ

    4
  • ニャハハ 通報

    大昔から定番ですよね。鳥と卵ですし、そばでも卵を入れるのが主流です。後入れは生のままになってしまうんですが、子供が食べられる温度になります

    2
  • 匿名さん 通報

    生卵は腹壊す、やめれ無駄なきゃんぺーん。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!