今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

吉高由里子「正義のセ」ドラマのなかでも三浦翔平に恋の予感?5話

2018年5月16日 09時45分 ライター情報:近藤正高
今朝方、スポーツ各紙が俳優の三浦翔平と桐谷美玲が来月にも結婚へと報じた(ただし、その後、両者の所属事務所が報道を否定)。ちょうど先週放送の水曜ドラマ「正義のセ」(日本テレビ、夜10時~)第5話は、三浦演じる敏腕検事がクローズアップされた回だった。
イラスト/まつもとりえこ

酔った凛々子が先輩検事にキス!


第5話の案件は、大学の医学部で起こった女性職員の転落死事件。その発生直後、主人公の新米検事・竹村凛々子(吉高由里子)の勤務する横浜地検・港南支部にも連絡が入り、彼女は担当事務官の相原(安田顕)とともに現場へ急行。凛々子にとって、現場にまだ遺体の残るなか現場検証に立ち会うのは初めての経験で、やたら怖がる。

殺人容疑で逮捕・送検されてきた被疑者は、臨床病理学教授の高嶋(原田龍二)。彼は最初の取調べで殺人は否認するも、死亡した三宅(佐藤めぐみ)とは不倫しており、自分が別れを切り出したため自殺をはかったのだろうと供述。彼女の死亡推定時刻には、取引先の医療機器メーカーの茂木(木下隆行)とスーパー銭湯にいたという。これを受けて茂木も検察に呼び出され、同様の証言をした。

だが、その後、三宅の友人の証言で、彼女が高嶋と不倫していたのは数年前の話で、事件発生時にはとっくに別れていたことが発覚。高嶋の先の供述は嘘だったことになるが、しかし彼にはアリバイがある。捜査が難航するなか、さらに高嶋が茂木から賄賂を受け取っており、それを三宅が告発しようとしていたという事実が浮上。凛々子は、支部長の梅宮(寺脇康文)の命令で、先輩検事の大塚(三浦)とその担当事務官・木村(平埜生成)とタッグを組んで本件にあたることに。大塚は凛々子が港南支部に赴任して以来、チクチクと痛いところを突かれてきた“宿敵”ともいうべき存在だけに、はたしてうまくいくのか? と思ったら案の定、凛々子の提案を大塚はことごとく却下、捜査は完全に彼のペースで進められる。

捜査チームがまず訪れたのはスーパー銭湯。そこで高嶋が事件当日、実際に茂木とここに来ていたことは確認されたが(茂木は店の受付で自社名の入ったボールペンを何本も渡して、高嶋の名前を何度も口にして、ここに来たことを殊更に印象づけていた)、彼らが入館した時間まではわからなかった。何しろスーパー銭湯には防犯カメラは設置されておらず、客はみんな裸なので、まぎれこむにはうってつけだ。

その後も事件当日の高嶋の足取りをチームで徹底的に洗い出すも、空振りに終わる。

ライター情報

近藤正高

ライター。1976年生まれ。エキレビ!では歴史・科学からドラマ・アイドルまで手広く執筆。著書に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)など。愛知県在住。

URL:Culture Vulture

「吉高由里子「正義のセ」ドラマのなかでも三浦翔平に恋の予感?5話」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!