review

吉高由里子「正義のセ」目撃者が鉄道研究会だったことに安田顕が食いつく4話

吉高由里子が新米検事の奮闘ぶりを熱演している日本テレビの水曜ドラマ「正義のセ」(夜10時~)。第3話までは、吉高演じる竹村凛々子は常に被害者側に同情を寄せ、被疑者を起訴することに全力をあげてきた(検事は被害者にも被疑者にもよけいな感情を抱いてはいけないと、担当事務官の相原〈安田顕〉からずっと釘を刺されているにもかかわらず)。しかし先週放送の第4話では、彼女は初めて被疑者を裁判にかけるべきか否かで悩むことになる。
吉高由里子「正義のセ」目撃者が鉄道研究会だったことに安田顕が食いつく4話
イラスト/まつもとりえこ

被害者と被疑者のあいだで揺れ動く凛々子


第4話で凛々子が取り組んだ案件は、交通事故。せんべい屋の夫婦が朝、散歩していたところ、夫の佐藤忠徳(久保晶)が横断歩道でスクーターにはねられ、死亡したのだ。

さっそく凛々子と担当事務官の相原(安田顕)が被害者の妻・佐藤フネ(茅島成美)に話を聞きに行くと、フネは相手の信号無視による事故だと、「厳しい罰を与えてほしい」と訴える。

凛々子はこれを受けて、スクーターを運転していた勝村弘(白洲迅)という被疑者を呼び出し取調べを行なう。勝村はレストランの見習いシェフで、いつもは電車で通勤しているが、その日は遅刻しそうだったのでスクーターで出勤、急いでいたうえに乗り慣れておらず、朝日の逆光で信号が見えなかったためはねてしまったらしい。だが、容疑を全面的に認めつつも、彼の供述はどうもあいまいだ。

その後、凛々子は相原を従え、勝村の職場で上司(菊池均也)から話を訊いたり、逆光による幻惑が被疑者に起こったのかどうか確かめるため早朝に事故現場で検証したり、通りかかった人のなかに目撃者がいないか聞き込みを行なったりする。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュース

次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

正義のセ

正義のセ

ベストセラー作家・阿川佐和子の同名小説が原作。吉高由里子が演じる駆け出しの女性検事の、痛快お仕事ドラマ。

2018年5月9日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。