ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

虐待親への手紙集めた書籍『日本一醜い親への手紙』、20年の時を経て再び公募されたワケ

ライター情報:原田イチボ/HEW

10月2日に発売された『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』(dZERO刊)は、虐待を受けた人々が親への思いをつづった手紙100通を収録した書籍。心理的虐待や身体的虐待、性的虐待、ネグレクトなどの実態が克明に明かされており、“虐待”という言葉自体の認知度は高まっても、自分も含め、その痛みまでは理解できていない人間がほとんどなのだろうと実感させられる。
もともと1997年に出版された『日本一醜い親への手紙』は20年経った今、なぜ再び刊行されたのか? 編著を担当したCreate Mediaことフリーライターの今一生氏に真意を聞いた。

コンセプトは「生きているから書ける」


今一生氏

今氏は20年前、『日本一醜い親への手紙』を出版したことによって児童虐待をめぐる状況は大きく変わると期待していた。しかし、認知が向上したため数が増えたというのを差し引いても、児童虐待の相談件数は増えていくばかり。厚生労働省の発表によると、平成28年度における児童相談所での児童虐待相談対応件数は12万2,578件と過去最多を更新している。今氏は、再び『日本一醜い親への手紙』の公募を行い、新たな書籍として世に訴えかけることを決心した。

1997年に発売された『日本一醜い親への手紙』は児童虐待に関する書籍では異例の10万部というヒットを飛ばした。『もう家には帰らない』『子どもを愛せない親からの手紙』と合わせた3部作は、文庫版やアンソロジー版を含めると累計30万部のベストセラーだ。しかし、新しい『日本一醜い親への手紙』の企画を相談した際、各出版社の反応は芳しいものではなかった。“虐待”はもう充分認知されて、すでに市場が飽和したと誤解されている。社会的価値は充分あるのに……。そんな中、dZEROの代表・松戸さち子氏が企画に興味を持ち、出版が実現することとなった。

20年の時を経て『日本一醜い親への手紙』を新たに作る。松戸氏と話し合った結果、今回のコンセプトは「生きているから書ける」になった。よくぞ生きてくれた、今も苦しみの中にいるとしても、とにかく生きてくれた――。同書は、そんな労りの気持ちの中で作られた。やはり多くの被虐待経験者にとっては、過去を文章にするだけでも辛いものらしい。

「20年前は、『とうとう書き始めてしまった』という手紙もありました。自分が愛されていなかったことを認めるのだから、それは当然怖いことですよ。しかも書くに当たっては、自分がされたことを改めて思い出さないといけない。二重につらいところを頑張って書かれた手紙たちなんです」

関連キーワード

ライター情報: 原田イチボ/HEW

基本的にはエンタメライター。なんでも楽しげなところに近づく、プロの野次馬です。好きなものは暴力、アイドル、最近はプロレス。

URL:Twitter:@HEWcom

2017年11月4日 12時10分