『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』のネタバレ&あらすじ徹底解説

今回記事でご紹介するのは劇場版名探偵コナン第25弾、『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』のあらすじです。

本作は2022年4月15日に公開されたアニメ映画で、警視庁捜査一課の高木渉・佐藤美和子刑事、両名の結婚を軸に事件が展開します。

人気キャラクター・安室透も活躍し、ダイナミックなアクションやスリリングなストーリーが視聴者を惹き付けました。

※本稿は作品のネタバレを含みます。あらかじめご了承ください。

『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』のあらすじ

ハロウィンを目前に控えた某日、江戸川コナン(えどがわ コナン)は警視庁捜査一課の刑事・高木渉(たかぎ わたる)と佐藤美和子(さとう みわこ)、両名の結婚式に招待されます。

毛利小五郎(もうり こごろう)と蘭(らん)、灰原哀(はいばら あい)も一緒でした。

二人の結婚式は渋谷の結婚式場で挙げられ、皆が祝福ムードに包まれています。

出典:アニメ 「名探偵コナン」公式

しかし挙式の最中に暴漢が乱入、花嫁の佐藤を庇った高木が銃撃を受けます。

それは目暮(めぐれ)警部と同期の元刑事の警備訓練を兼ねたサプライズで、新郎新婦はホッと胸をなでおろしました。

同日、目暮警部の同期の村中努(むらなか つとむ)が結婚式を挙げる予定でした。

そこに襲撃予告が届き、ペイント弾で赤く染まった高木の胸元を見た佐藤は、不吉な予感を禁じ得ません。

佐藤は想い人・松田陣平(まつだ じんぺい)を過去の事件で亡くしており、彼を忘れて結婚することに、一抹の後ろめたさを覚えていたのです。

同時刻、佐藤がかつて逮捕した爆弾犯が脱獄。

公安の安室透(あむろ とおる)と部下の風見裕也(かざみゆうや)は犯人を追跡し、立体駐車場の片隅に追い詰めます。

すると脱獄犯が何者かに嵌められた首輪爆弾が起動し、爆風に吹っ飛ばされた風見を助けに走った安室は仮面の人物の術中に落ち、同じ首輪爆弾を付けられてしまいます。

翌日、警視庁で事情聴取を受けたコナンたち。

用が済んで帰宅中、すれ違った外国人が一枚のメモを落としました。

それを拾って追いかけた灰原の前で男性が所持するタブレットが爆発。

被害者の身元特定は難航するも、遺留品の中に「捜査一課」と印刷された松田の名刺があったことから、松田が一課に所属していた一週間の間に面識を持った誰かではないかと推理されます。

当時の日報を検めながら、生前の松田と過ごした日々を回想し、しんみりする佐藤。

調査の結果、殉職直前のマツダが警察学校の同期・萩原研二(はぎわらけんじ)の墓参りをしていた事実が判明。

その帰りに何かの事件に関与した疑いが浮上し、佐藤と高木は奮い立ちます。

亡き松田の足取りを追い、現地に向かおうとした佐藤・高木に待ったをかけたのは、安室と別行動中の風見でした。

風見は「後は公安が引き取る」と告げ、一方的に捜査を打ち切ってしまい、上の方針に納得できない佐藤は独自に真実に迫ります。

タイトルとURLをコピーしました